浮気の兆候?夫が急に優しくなったワケ

From:黒木ゆい

夫が急に優しくなったり。

プレゼントを買ってきたり。

やたら饒舌だったり。

これは浮気の兆候!!

…というのが、最近やってた「残念な夫」というドラマに出ていましたが。

私にも、これと同じようなことが起こりました。

ドラマのように、私の家庭も子どもが生まれてからいわゆる産後クライシス、だったと思います。

妊娠中は、ホルモンバランスの変化でイライラしたり、産後は睡眠不足でイライラしたり…

私自身、まったく余裕が持てず、彼には怒ってばかりでした。

家に帰るのが嫌になって、男が浮気に走るのはよくあること…

と岸谷五郎が言っていましたよね…。

うちも、そうだったのかもしれません。

私だって、イライラして彼に当たったりなんてしたくなかったです。

彼に嫌われたくないし、愛される妻でいたいと思っています。

でもイライラする気持ちはどうしようもなくて。

当たってしまったあとはさらに自己嫌悪で辛くなって、余計に落ち込んで、イライラして…

その繰り返しでした。

ドラマを見ながら、もしかしてうちの夫も…

なんて思っていた矢先のことです。

ある日突然、夫が豹変したのです。

「ただいま~」

「おかえり。早かったね。」

「うん、今日はお土産買ってきたよ」

「おみやげ?」

「うん、これ。前に見たいって言ってた、映画のDVD。レンタルしてきた。」

それは、妊娠中、私が見に行くことができなかった映画のDVDでした。

「たまにはゆっくり映画でもどうかなと思ってさ。

映画館には行けないけど。家でならゆっくり見れるし。

もしその間ハナ(赤ちゃんの名前)が泣いたら、俺があやすから。」

「あ、ありがとう…。」

「あと、映画みながらゆっくりお茶でも飲もうと思ってさ。

ハーブティーも買ってきた。

俺が淹れるから、座って待っててよ。」

と言って、彼が台所にたったのです。

このときの私の気持ちは…

あ・や・し・い!!!!

正直、見たい映画を覚えていてくれたことはうれしかったけど…

夫から「ハーブティー」なんて言葉は聞いたこともないし

「俺が淹れるから」

なんて言葉がよもや出てくるとは思いませんでしたから。

これは、もしや本当に…

私が疑いに胸をモヤモヤさせていると…

台所に彼が立っていたときに、リビングに彼が置いていったスマホがなりました。

そして、LINEの通知画面に、こんなコメントが…

『ハーブティーの淹れ方、お伝えするの忘れちゃいました★

普通の紅茶より出るのが時間かかるので、2~3分おいてくださいね!

映画の感想も楽しみにしてますから♪

絶対見てくださいよ♪♪』

そのとき、私は一瞬で悟りました。

彼は私のためではなくて、この女にすすめられて、この女と会話するために、こんなことをしたんだわ…

そのときはもう怒る、というより、ボーゼンとしてしまいました。

そして、気が付いたら、ポロポロと涙がこぼれおちていました。

「お茶、できたよ~…

うわっ!?え、なんでなんで泣いてんの!?」

「なんでじゃないわよ!

これ、どういうことよ!!!」

私は彼にLINEの画面を見せつけました。

「え?何??」

「何じゃないわよ!!この女と浮気してるんでしょ!?

だからこんなの持ってきたんでしょ!?バカにしないでよ!!!」

「…え?えぇっ!?」

私はその後も感情がおさまらず、泣きながら彼にどなり散らしました。

正直、何を言ったのかよく覚えていません。

「違う、違うって!!これ!!これ見てよ!!!」

そう言って、彼は、紫色の箱を出してきました。

「ルナリズム…なにこれ?」

「これ、女性のホルモンバランスを整えてくれるお茶らしいんだよ。

ネットで色々調べてたら見つけて。

そしたら会社の子が同じの飲んでてたから話しかけたら、イライラしたときに飲むと気持ちが落ち着くから、って教えてくれて…。」

最近、イライラしててしんどそうだったから。

俺なりに色々調べたんだよ。

俺も、サチコが怒りたくて怒ってるじゃないって、分かってる。

と、彼。

「え、じゃあ、映画は…?」

「…その子がさ。

ホルモンバランスのこともあるけど、一番大事なのは、2人で気持ちを共有する時間を作ることだって、言われて。

一緒に笑ったり泣いたり、感動したり、そういう時間が一番大切だって。

ひとりで、子育てしている気持ちにさせちゃダメだって…。

だから映画見て、感想話したりするのがいいですよって。

これ、すすめられた。」

「確かに俺、子育てもまかせっきりで。

ちゃんと話する時間ももててなかったと思って。

イライラしてる時は、話しかけないほうがいいのかと思ってた。

でも、違ったんだよな。

ちゃんと、話をしてないから、余計イライラしちゃうんだよな。

これから、ちゃんと話せる時間をつくろう。

そのために、家事も、サチコみたいに上手にできないけど、ちょっとずつ手伝うからさ。」

そう言って、彼が私にハーブティーを差し出しました。

もうすっかり冷めていたハーブティー。

温めなおそうか、なんて、気がきく彼ではなかったけれど、そのとき飲んだハーブティーは、私が過去に飲んできたどんなハーブティーよりも、美味しかった。

あれから、イライラすることが完ぺきになくなったわけではありません。

彼はやっぱり家事はへたくそです。

私がやり直さなきゃいけないこともしばしば。

でも、イライラしたときこのお茶を見るとあのときの彼を思い出せるし、飲むと気持ちが落ち着いてきます。

それがハーブの力なのか、彼の優しさのおかげなのか。

私にはよく分かりません。

でも、あれからこのハーブティーは我が家に常備してあって。

彼は、ハーブティーを淹れるのだけは、とっても上手にできるのです。

—————————————————————————

今日は、感動的なエピソードをお客様からいただいたので、ご本人の許可を得て、わたくしライター黒木が文書を編成させていただきました。

※登場人物の名前は、仮名です。