寝ても寝ても眠い…休日ぐったりの本当の理由とは?

休日、寝ても寝ても眠いのはなぜ?

From: 黒木ゆい

せっかくの休日なのにとにかく寝ても寝ても眠くて…。休日は、ほとんど家でぐったりしてしまいます。何か予定を入れて出かけたりすれば平気なんですけど…。家で資格の勉強しようとか思って開けていても全然ダメ。このままじゃいけないと思うけど無気力で何もする気が起きないんです。」

 最近、こんなご相談をいただきました。
なるほどなるほど…。
よく分かります。

 かくいう私も、休日は寝て過ごすのが至福でした。

「ときどき凄く無気力になってボーッとすることがある」
「休日に、ただ寝てすごすだけで何もする気がおこらない。」
「寝ても寝ても眠い」

実は、こんなふうになってしまうのは、あなたの心がSOSを出しているサインなんです。

 というのも、睡眠を必要としているのは体ではなくて「脳」だという説があるため。
その理由は、睡眠不足が続くと体よりも先に精神に異常をきたすというデータがあるからだそうです。
なんだか納得ですね。

つまり、「脳」や「心」が疲れていると、睡眠をとりたくなる、ということなんです。

特に、休日ぐったりして寝ても寝ても眠い状態になってしまうのは、あなたの心がSOSを出しているサイン!
 あなたの心がどんなSOSを出しているのか、それに気づくための質問がひとつあります。

Q.あなたが、過去、最高に「幸せ!」と感じた瞬間は、いつですか?

…思いついたかな?
「お、思いつかない…」
という方もいますか?

そんなネガティブなあなた!
大好きだ!!(笑)

そういう方は、「最高に幸せってこんなイメージ」でもいいです。
マンガ・小説・映画・ドラマで、「幸せそう」って思ったシーンでも大丈夫。

ちなみに黒木が一番幸せ!と感じたのは、高校生のとき。

とある事件があって、住む場所を失った黒木家は家族みんなで祖母の家に転がり込みました。
経済的にはとても苦しかったのですが、苦しかったからこそ家族の想いがひとつになり、母と兄弟みんなで食卓を囲んで「これからみんなで協力して生活していこうね」と語り合いました。

 私にとっては、本当に心が安らいだ家族の団らんでした。

「家族全員が、心から安らいでいる状態で、食卓を囲んでいる」

それが私にとっての「最高の幸せ」のイメージです。

実はこの質問、私が心理学を学ぶ中で、先生にされた質問です。

「最高に幸せな瞬間をイメージして、それを私に教えてください。」

と。

私は上記のような話をしました。
そしたら、先生は次にこんな質問をしてきました。

『今のあなたの生活は、その幸せの実現に繋がっていますか?』

……。

頭を、ハンマーで叩かれたくらいの衝撃でした。

当時、仕事は楽しかったです。
仕事の仲間とは繋がりも感じていたし、一緒に食事に行ったりするのも楽しかった。
でも、その食卓で、高校のときのような「心の繋がりからもたらされる安らぎ」は、感じたことがありませんでした。

『もし、あなたが人生の目的に、その幸せのかたちを実現したいと思うなら、今、あなたが日々していることがそれに繋がっていくものであるべきです。
もし今そうでないのなら、本当は心の奥である種の虚しさ、わびしさ、そんなことを感じているはずです。

どうでしょう?
1人でいるときに暗い気持ちになったり、これでいいのかなという不安に襲われたり、何もしたくない、と無気力になるような瞬間がありませんか?』

図星でした。
だって私はネガティブ女子。

1人で過ごすときはたいてい暗いこと考えてるし、休日は疲れて寝て過ごすことも多いし、そのわりに仕事のあと、ぐるぐる悩んで寝れなくなったりしています。

それは性格だと思っていたけど、どうやら違ったようです。
ネガティブな気持ちは、「ちょっと私、自分の幸せからズレてるんじゃないの?」という心のサインだったのです。

あなたにとって、幸せとは何ですか?

休日は、あなたが本当に幸せを感じること、もしくは、将来の幸せに繋がること。そんなことを始めていきましょう。
そうすることで、少しずつでも、寝てばっかりの休日とサヨナラできますよ!

ちなみに。
心が疲れている=寝ても寝ても眠い
この図式は説明しましたが、単純に睡眠をうまくとれていないだけの場合もあります(笑)

もし冒頭の説明で、「私は幸せの実現に向かって頑張っているのに、それでも眠い」と思った人はその可能性大。

そんな人は、一度枕を変えてみたり、寝る前の行動に気を付けてみてくださいね。

 

♥この記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

黒木 ゆい

10代から整体師の道を進み、現在は心と体のカウンセラー。 元々は超ネガティブ女子。 ありのままの自分を好きになりたいけど、そんなの無理!というあなたへ。