結婚式に元彼を呼ぶべきか呼ばないべきか


結婚はとても喜ばしい事。
たくさんの人にお祝いしてもらいたいですよね。

しかし、そこで問題になるのが招待客。
どの程度の繋がりの人まで呼ぶか考えると、なかなか線引きが難しくなります。

特に悩ましいのが「元彼を呼ぶか呼ばないか」です。

これには賛否両論あるのですが、実際この悩みは非常に多く見られます。

別れ方にもよりますが、別れたその後、親友関係になれた場合などは
特に悩んでしまう方が多いようです。

そこで、結婚式に元彼を呼ぶ事のメリットデメリットを通じて、
どうするのが良いのか考える参考にして頂くためにご紹介します。

<元彼を呼ぶ時のメリット>

「共通の友人も含めて皆に祝ってもらえる。」

元彼との共通の友人も多い場合、一人だけ呼ばないとそれが気まずさを生む事があります。
元彼を呼ぶ事で、別れた後も良好な関係を築いているのだと
友人たちを安心させることにも繋がるので、昔話に花を咲かせながら盛り上がる事でしょう。

<元彼を呼ばない時のメリット>

「周りも自分も余計な気を使わなくて済む」
「トラブル防止」

未練がなく今は親友関係となっていたとしても、二人の関係を知っている友人の中には、気にする人もいるはず。
挙式披露宴の最中、新郎新婦より元彼の反応が気になり気疲れしてしまったという人もいるようです。
また、お酒が出る席ですから、それにより予期せぬ出来事を招くケースもあります。
実は新婦に対し未練を持ちながらも隠し続けていた元彼が、
酔った勢いで思いを告げてしまい会場が凍りついたケースもあるようです。

 

異性を呼ぶ事自体NG

実は、正式な結婚式のマナーとして異性を呼ぶ事はNGとされています。
元彼や元カノだけでなく、ただの学生時代の友人であったとしても、
それが異性というだけで相手の親や親戚に誤解を与える事があります。

『過去に何かあったのでは?』
『異性関係が派手なのでは?』

このように思う人もいます。
一切やましい事がないとしても、せっかくふたりを祝福しようと集まってくれた方に
不快な思いをさせないために、細心の注意を払いましょう。
結婚式に呼ぶ異性の知人は原則、仕事関係者のみ。
その他の異性の知人は、二次会から来てもらうのが良いです。

 

もしも自分が元彼から結婚式に招待された場合は?

逆に元彼から招待された側である場合、きちんとお断りするのがベストです。
今は友だちだとしても、付き合っていたことを知っているまわりの人は気を使ってしまう人が大半です。
もし、本当に何もない異性の友人から招待された場合は、素直に受けて出席するのがいいでしょう。
ただし、自分がただの友人であることをさり気なく周囲にアピールするなどの気遣いを忘れずに。