彼女がいるので、風俗には罪悪感があります。


罪悪感は感じるが、彼女がいても風俗に通ってしまう

彼女がいるのにも拘わらず、風俗に行くことに罪悪感を感じない男性はとても多いのですが…
今回は、風俗に行くことで彼女に罪悪感を感じるという数少ない男性の意見をご紹介します!

「私には彼女がいますが、現在でも風俗に通っています。
もちろん罪悪感はありますが、それでもやめられません。

彼女は同い年で、20歳のころから5年間付き合っています。
私は彼女で童貞を卒業し、彼女もまた私が初体験の相手となりました。

付き合って3年くらいは、動物のように彼女を求めて彼女とのセックスに夢中になっていました。
しかし徐々に他の女性とのセックスはどんな感じなんだろう?という気持ちが芽生えてきました。

私は容姿が悪く、内気な性格で今の彼女と付き合えたのが奇跡と言っていいほどです。
ですので、別の女性が私を相手にしてくれることは無いに等しく他の人とセックスすることは出来ないと思っていました。

ある日、仕事でかなり遅くなり終電に間に合わず、会社近くのビジネスホテルに泊まりました。
次の日、仕事が休みだったので朝ゆっくり起きてホテルを後にしました。

駅に向かって歩いていると、風俗店(ヘルス)を発見しました。
このお店は朝から営業しているようで、他の女性とのセックス願望がある私には、かなり興味がありました。

他の企業も休みのところが多いからか人通りは少なく、チャンスだと思い足早にお店に入りました。
わたしはドキドキしながら店員さんの説明を受け部屋に案内されました。

朝から風俗店を利用する人は少ないのか、予約していないのにすぐに案内され、サービスをしてくれる女性と顔を会わせました。
この瞬間から何度も彼女の顔が頭に浮かび、罪悪感を感じながらも体は反応し風俗嬢のサービスを堪能しました。

私は彼女とのセックスは正常位のみでフェラチオやパイズリも体験したことがありませんでした。
興味はありますが、彼女にやってほしいと恥ずかしくてなかなか言えず興味だけが膨らんでいました。
また彼女から責めてくれることもなく、女性から責められたい願望も芽生えていました。

今回のサービスでフェラチオもパイズリも女性からの責めも体験し、こんな気持ちいいものがあったのかと感動すら覚えました。
お店を出ると彼女への罪悪感と風俗店に行ったことは絶対にバレないようにしようと強く思いながら帰宅しました。

それから彼女との関係は続いていますが、別の人と体験したい願望は収まらず、フェラチオやパイズリの気持ち良さを求めて風俗店に通うようになりました。

風俗店に行くたびに初めて会う子にサービスを受けるので、毎回サービスの最初のほうはドキドキしており、このドキドキが新鮮に感じて癖になります。

風俗店に行くたびに彼女の顔が浮かんだりするのですが、お店に通う度に彼女に対しての罪悪感が徐々に薄れていくのが自分でもわかります。」

彼女への罪悪感はあるけど…風俗はやめられない

「私には彼女がいますが、月に一度は風俗に行っています。
罪悪感はもちろんありますし、何度もこれで最後にしようと思うのですが、あまりの快感に今でもやめることができずにいます。

私が初めて風俗に行ったのは20歳のときでした。
ある土曜日に、仲のいい友人たちと居酒屋でお酒を飲んで楽しんでいたところ、そのうちの一人が会社の先輩に連れられて風俗に行ったという話をしてきました。

その友人は今まで彼女ができたこともないので、性的なサービスを初めて受けたことになります。
彼はその気持ちよさにびっくりしてすっかり風俗にはまってしまい、一週間に一度のペースで行っているとのことでした。
わたしも含め他の友人たちは風俗に行ったことがないので、興味津々でその話を聞いていました。

その話をしているときは、終電がなくなり深夜3時ごろで、場所は大阪の繁華街である梅田にいました。
お酒の勢いもあり、このまま風俗に行ってみようかという話しで盛り上がりました。
わたしは少し抵抗があり反対しました。

たしかに風俗には興味もありましたが、当時の私には付き合って半年ほどの彼女がいました。
翌日は彼女とデートの約束をしていたこともあり、後ろめたい気持ちや罪悪感に苛まれるのが嫌でした。
しかし他の友人は完全に乗り気になってしまい、私が反対してもあまり効果はありませんでした。

それなら私は一人お店の外で待っているという風に言ったのですが、こういったことは必ず経験するのだからと、かなり強引に説得させられ、しぶしぶいくことになりました。

風俗店は日の出営業というのがあり、私たちが行く店は朝の5時くらいから営業しているお店でした。
種類でいうとヘルスになります。

初めての風俗だったのでかなり緊張しましたが、受付の少し強面の男性店員が丁寧にシステムの説明をしてくれたことでだんだんとリラックスすることができました。
料金は30分で7000円でした。

しばらく待っていると、私の番号札が呼ばれ薄暗い部屋に通されました。
やってきた風俗嬢は、ショートヘアの20代前半の女性でした。

ルックスは正直可もなく不可もなくといった感じで、軽いおしゃべりをしてサービスが始まりました。
基本的には口でしてもらうのがほとんどだったのですが、彼女にしてもらうよりも断然気持ちが良くて、びっくりするくらいよかったです。

その後、他の友人たちと感想を言い合って盛り上がりました。
しかし、その日の彼女とのデートは罪悪感がひどく、彼女に体調でも悪いのかと心配されてしまいました。

彼女に対して申し訳ない気持ちから、もう二度と行かないと決めたのですが、やはりあの気持ちよさが忘れらませんでした。
罪悪感を感じながらもひと月に一度自分へのご褒美として風俗に通っています。」

 

♥こちらの記事もおすすめ♥