会社の付き合いでの風俗はなかなか断われない

オーバーレイ

断るのが難しい、会社の付き合いとしての風俗

今の時代にまだそんなものがあるのかと思われる方もいるかもしれませんが、会社の付き合いで風俗に行くというのは少なからず風習として残っています。

そういう会社に勤めている、またはそういう会社と取引がある場合には、風俗を好む・好まないは関係ありません。
会社の付き合いとして風俗に行かねば浮いてしまうので、断れないという悩みがあります。

私の勤めている会社はあまり規模の大きくないところですが、経営層の一部が風俗好きなところがあって、事あるごとに風俗へ誘われます。

金払いのいい上司のため、比較的懐は痛めることなく風俗へ行けるのですが…
彼女に申し訳ないという気持ちがあるからといって風俗を断るというのはなかなか容易にはできない空気があります。

風俗=付き合い

風俗好きだから行く、というより「会社の付き合いなので当たり前のように自分も行く」というタイプの人が多いです。
誘われても行かないという人は単に付き合いの悪い奴と見られるので、断れないのが現状です。

むしろ風俗好きなタイプの人の方が、私のように彼女に申し訳ないから行かないという気持ちを汲んで誘わないでいてくれたりするのです。

会社の付き合いでの風俗は主に飲み会のタイミングで起こります。
私は職場では最年少のため、飲み屋への支払いや予約などの幹事仕事は一手に引き受けざるを得ません。
それゆえ、早めに切り上げて風俗へ行こうという空気の出ていない一次会のうちに姿を消すことができず、結局断れないのが悩みです。

風俗嫌いな先輩の中には、飲み会にそもそも来なかったり早めに切り上げたりして誘われること自体を防ぎ、嫌な評判が立つのを避けています。
いずれ後輩ができれば私もそうした手段で避けることはできるでしょうが、今のところはどうしても断れない運命にあります。

風俗に行くというのはその行為自体よりも、変な仲間意識を一緒に行ったメンバーに植え付ける気がします。
そしてそれを何より行っているメンバーは大事にします。

普通は風俗に行かないのが自然なのに、そういうメンバー間では行かない方が不自然で仲間ではないというような雰囲気になるのです。

職場でそういう評判が立つのを耐えられる人にはいいのでしょうが、慣れないうちはキツイものです。
少しでも仲間だと見てもらって損をすることはないわけですから、風俗だろうが足を運んでしまうのですね。
さらにそれが懐もさほど傷まない程度の出費ならば余計にです。

そういう事情から、彼女に申し訳ない気持ちを持ちつつも風俗に誘われれば断れず行くというサイクルが抜け出せずにいるところです。

♥こちらの記事もおすすめ♥