20代の彼氏の風俗通いでお困りのあなたへ

自分は、それなりに風俗に通っています。
大学生の頃から、先輩に誘われておっぱぶやホテヘル、ピンサロなんかを良く利用していました。
女性は高いお金をわざわざ払って風俗に行くなんて…と思われるかもしれません。
ですが、おっぱぶやピンサロなんかは結構安価で利用できるので、バイト代をそれなりに溜めれば大学生でも簡単に利用できました。

当時は、一応彼女はいたのですが、彼女がいてもいなくとも構わず、自分は風俗に通っていたと思います。
そう思うのも、あの風俗の独特の空気感というか、雰囲気が非常に好きだったからです。
行為自体ももちろん好きでしたが、それだけならば、自分もわざわざお金を払って通ってしまうようなことはしなかったと思います。

全ての風俗店がそうなのかどうかはわかりませんが、私の通っていた風俗店は結構周りの風景や他のお客さん、その相手をしている女の子もしっかりと見えるくらい開け放されている空間でした。
そんなところですから、自分にしてくれる女性以外の姿も見えて、それに得も言われぬ興奮を感じてしまったのです。

普通の生活だったらそんな風景は全然見えませんし、自分の彼女としている姿を他の人に見られたいとか、そんな欲望は一切ありません。
ただ、そんな一風変わった状況を風俗に行けば簡単に味わうことができるのです。
自分で書いていてなんですが、ちょっと異常かもしれません。

もともとそういう性癖はあまりなかったのですが、そんな異常な雰囲気に飲み込まれてしまい、自分は虜となってしまったのでしょう。
普通の生活では味わえないあの独特な雰囲気は、一度知ってしまったらなかなか癖になってしまうものです。
女性がいう所の「日々の生活に刺激が足りない」という状態に陥ってしまったら、自分はすぐに風俗に行っていました。
もしかしたら自分の場合は、大学生活や普通の交際関係の中に、どこか刺激を求めていたのかもしれません。
その刺激を与えてくれる場として、自分の場合は風俗を選んだに過ぎないのでしょう。

社会人になってからも自分は何度か通っていますが、頻度としては昔よりは圧倒的に減りました。
30を超えてから若干性欲が収まった、ということもあるでしょう。
今では大学時代とは違う彼女と交際していますが、その彼女とのセックスや関係性そのものに満足することは多いです。
ただ、今でも風俗に行くときは、何となく刺激が欲しいと感じた時なのでしょう。

もちろん、風俗に通っていることは彼女には内緒にしています。
彼女自身は浮気は絶対にしないし、自分にもして欲しくないと言っているので、風俗に通うのがちょっと後ろめたいと感じるからです。
ただ、それでも満足できているあたりは若いころと違って刺激を求めていない証拠でしょう。

ですから、もしも20代の彼氏が風俗通いで困っているという女性がいたら、その人は刺激を求めているから仕方のない事だと思ってあげてください。
あるいはその刺激を満たす様なことをしてあげると、風俗通いが収まるかもしれませんね。