風俗はもはや趣味の一つのような感覚

僕の場合は、風俗に通うのはある種の自分へのご褒美だと思っています。
高校や大学の頃にたくさんの人と交際することができなかったのがコンプレックスで、社会人になってから、思い切って風俗に行ってみました。
行き始めた当初から、なんて素晴らしいところなんだろう、とどんどんハマっていきました。
モテなかった自分が、女性にあんなことやこんなことをしてもらえる、というのが、あまりにも嬉しくて、癖になって何度も何度も通うようになりました。

同年代の男に聞くと、僕のように、学生時代にモテなくて、これと言った趣味の無い男は、社会人になってから風俗通いになっている人は多いようです。

社会人になりたての当初は、特に出会いもなかったですし、これと言ったお金のかかる趣味も無かったので、どんどんお金をつぎ込みました。
一人のキャストに拘らず、いろんな人と、いろんな風俗店で楽しませてもらいました。
ただ、二十代も後半になって、そろそろ身を固めなければならないと思い、街コンなどに参加しながら、やっとのことで彼女を見つけたのですが、やはり、交際をしていても、不意に風俗に行きたくなる時があります。
数自体は激減しましたが、今でも、まとまったお金が入った時には、ご褒美だと思って、ついついちょっと高めの風俗に行きます。

そこそこいい企業に勤めているので、金銭面では心配をすることが無いのですが、やはり、彼女のことを思うと、止めた方がいいのでは、と思うこともあります。
予防はきちんとしていますが、性病にかかれば彼女にも悪いですし、彼女には風俗に行っていることはずっと黙っているので、バレてしまったらどうなるのか、と戦々恐々としないこともないです。
ただ、やっぱり風俗に行くと、彼女では味わえないテクニックでしてもらえますし、何よりいろんな女の子とできるので、非常に楽しいのです。

もはや、趣味の一つのようなものだと思っています。
女性がブランド物のバッグやらなにやらを買うのと同じように、僕は女の子にお金を払ってサービスを受けているのだ、という感覚だと思っています。
楽しい事をしていて何が悪いのか、とも思わないことはないのですが、やはり、多くの女性の考え方や、彼女の気持ちを思えば、止めるべきなのか、と悩んでしまいます。
ただ、そのように悩んでいたりすると、パーっと遊ぶといいと同僚にも言われるのですが、最初にも言ったように、僕の趣味と言えば、風俗くらいしかありません。
だから、どうしても、風俗を止めることができないでいるのです。

僕が言いたいのは、一概に風俗に行くのが性欲処理のためだけではなく、それ以外の楽しみを知らない人もいるからだ、ということもある、ということです。
多分、僕と同じように悩んでいながらも、風俗を止められないでいる方は何人かいらっしゃるのではないかと思いますよ。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥