童貞を卒業するために風俗に行きました。


風俗店を利用する人の理由は様々ですが、私は、童貞を解消するためにソープランドに一回だけ行ったことがあります。
私は女性と付き合ったことがないので、体験してみたかったというだけのことです。

社会人になると、場合によってはキャバクラや性風俗のお付き合いみたいな断りづらい状況におかれることがあるかと思います。
それでも私は風俗なんてお金がかかるし、酒も苦手なので「遊び」の誘いは一切断っていました。
その断り方は「僕、彼女いるんで、すいません」と嘘をつくことでした。
周りからは付き合いの悪い人だと思われていたみたいです。
なにより、人と付き合うのが苦手で30歳過ぎた今もあまりそれは変わっていないです。

異性と付き合わない私を周りが同性愛者扱いしたのがなにより心外であり、童貞と揶揄されたのが悔しくてそれなら風俗でも行ってみるか!と思いついたのが高級ソープランドです。
彼女を作るという気にはなりませんでした。

いざソープに行くとなると「騙されるんじゃないか?」「病気になるんじゃないか?」と不安のほうが大きかったのですが、ある友人に手引きしてもらいなんとかソープに行くことが出来ました。

風俗にはいろんな形態のお店がありますが、なぜ高級ソープランドにしたのかというと、接客がしっかりしている、お客様扱いしてくれる部分です。
狭い空間に知らない人と二人っきりで一時間以上過ごすわけですから、場の空気を察してくれるある程度ベテランでビジネスライクなプロがいるのは高級なお店だと思ったからです。
性欲を満たす前に、人としてコミュニケーションが保てるのかずっと不安でした。
ですが、その心配は無用でした。
たとえ仕事といえど、私の不安を一生懸命にかき消そうとしてくれていたのが少し嬉しかったです。
と思いつつも、この人にもう二度と会うことはないんだから恥はかき捨てると決めました。

結果から言えばもっと早く、風俗に行けばよかったと思います。
童貞で、内向的で、真面目で、人見知りな人には、このような風俗の施設はあって然るべきだと思いますが、利用するまでのハードルはかなり高いといえます。
それ以上に彼女を作るほうがハードルが高いといえます。

童貞を揶揄する社会の風潮があるかぎり、私のように「とりあえずソープに行っておけ!そうしないと大人の顔してられない」って感じで、行くべきか否かで葛藤する人は多いと思います。
自慰行為で満たされないわけでもありません。
童貞を気にしないで平常心でいられる大人の男性なんていないと思います。
仕方なしに風俗に行く結果となる人も多いですよ。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥