男が風俗に行く理由は、セックスでも自慰でもない快感を得られるから

男が風俗に行く理由は、快感を得るため

私が初めて風俗に行ったのは22歳のとき、社会人1年生になってからです。
それまで大学生のときには彼女がいましたし風俗に興味はなかったのですが、同僚に風俗が好きな人がいて誘われたので、思い切って一緒についていきました。

その同僚はヘルスではなく性感マッサージしか行かないという風俗好きで、私もその彼がオススメの性感マッサージ店に一緒に行ってみました。

ヘルスはフェラやクンニ、素股をするので性病に感染するリスクがありますが、性感マッサージの場合こうしたサービスがないので性病に感染するリスクがないのが特徴です。

そんな私が初めて連れていかれたのは、90分20,000円という標準的な性感マッサージでした。
先ずはお店に行ってパネルから女の子を選ぶのですが、私が選んだのは26歳の結構美人でした。

そして女の子の準備ができるまで待合室で待っていますが、この時間はかなり緊張しました。
10分ほど待って女の子とご対面ですが、思っていた以上に美人というかパネマジが全くなくちょっと拍子抜けしました。

その後は仲良くホテルまで行って、早速プレイ開始ですが、シャワーで体を洗ってもらいさっぱりしたところで、まずはベッドにうつぶせになり、背中のマッサージからしてくれます。
風俗店なのに結構マッサージが上手でちょっとビックリしたところでいよいよ性感タイムスタートです。

仰向けになり、脚の付け根のあたりを揉まれますが、これがかなり気持ちよくって今までにない快感でした。
このときには私の息子は最大限反応していてちょっと恥ずかしかったです。

そして最後は手コキでフィニッシュですがこれも自慰行為とは違う快感がありちょっと感動してしまいました。
同僚が性感マッサージを勧める理由が分かったような気がしました。
セックスとも違う快感があるんです。

それ以降私は性感マッサージにはまってしまい、その同僚と色々なお店に行っています。
あまり行き過ぎると金欠になってしまうので月に1~2回に抑えていますが、出張で地方に行ったときには必ず性感マッサージに行っています。

特におすすめなのが大阪です。
先日たまたま入った大阪の人妻・熟女マッサージは最高の快感でした。

このように男性が風俗に行く理由は様々ですが、性感マッサージに行く理由はマッサージを受けている間ゆったりできて自慰行為でもセックスでも感じることができないか快感を味わうことができるからだと思います。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥