彼氏の風俗通いをやめさせる方法は?


彼氏の風俗通いをやめさせるには…

残念ながら、彼女がいるのにも拘わらず風俗通いをやめられない男性もいます。
彼氏の風俗通いをやめさせるには、どうすればいいのでしょうか?
2パターンに分けてご紹介します。

付き合いだしてから風俗に通うようになってしまった場合

彼氏が、あなたと付き合いだしてから風俗に通うようになってしまった場合、残念ながらあなあっとの関係やセックスに満足していない可能性があります。

というのも、彼女がいるのに風俗に行く男性の心理として「性欲・ストレスを発散させたい」というものがあるからです。
性欲だけでなく、ストレス発散のために風俗に行く男性も意外と多いです。
会社や日常でのストレスも風俗で発散させているのです。

つまり、彼女であるあなたに愚痴をこぼしてストレスを発散することができない、もしくはあなたとの関係で溜まったストレスを風俗で発散させているということになります。

また、あなたとのセックスの相性が合わなかったという可能性も考えられます。
カラダとの相性はある程度はありますから、これは仕方のないことです。

普通はそこでお互いが気持ちよくなれるように歩み寄るべきですが、これができない男性が風俗に行って性欲を発散させるようになります。

こんな彼氏に風俗を辞めさせるには…

徹底的に話し合う

真剣にお付き合いをしているなら、なぜ風俗が嫌なのか、どうしても行ってほしくない、などきちんと彼氏に伝えましょう。
彼氏にもきっと言い分はありますから、お互い納得のいく妥協点を見つけるべきです。

大抵の男性は彼女であるあなたの言い分を飲んでくれると思います。
もしそれでもやめられない男性がいるとしたら、もうそれは病気みたいなものです。
今だけでなく、今後も一生やめられないでしょう。

付き合う以前からずっと風俗通いしている場合

こちらの方がやめさせるのは難しいです。
付き合う以前から風俗通いしているということは、風俗が趣味のようなものだからです。

楽しいことや、自分が好きなことをある日突然やめろと言われても難しいですよね?
風俗が好きな男性には「やめて」という言葉は通用しません。

こんな彼氏に風俗を辞めさせるには…

こういう男性は自分で痛い目を見ないと分からない男性がほとんどです。
つまり性病にでもかからない限り、風俗に通うことのリスクが分からないのです。

悲しいことに、女性にしか発症しない性病もあります。
実際に風俗に通っている彼氏が発症しなかったとしても、病気を持っている彼氏とセックスすることによってあなたに感染してしまい、あなただけが発症してしまうということもありうるのです。

こういう彼氏に風俗をやめさせたい場合、「病気が怖いから一緒に検査に行こう」と持ち掛けましょう。
あくまでも「風俗をやめて」ではなく、「病気が怖い」と伝えましょう。
あなたの不安な様子や、検査の結果待ちをする間、本人も少なからず緊張するはずです。

そして、風俗で性病にかかって不妊症やがんになった女性の例を調べて彼氏に読ませましょう。
そうすれば、風俗に行きたいとは思わなくなる人がほとんどです。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥