メンヘラ男ばかりに好かれる本当の理由とは…

From:ヨネクラチカ

基本的に友達から相談される事はないんですが、恋愛の話は大好きなのでよくよくウイスキー片手に語り合っています。

そこで出てきた今回の議題。

「寄ってくる男が軒並みメンヘラなのはなぜなのか」

お、重い。
言葉だけで見えると(笑)って感じですが、メンヘラにばかりもてるって辛いですね。
そうそう誤解しないでほしいですがここでいうメンヘラっていうのは精神的疾患があるということではなくて

・やたら病んでる
・無駄に連絡が多い
・束縛、嫉妬深い
・ぼっち感半端ない
・アートに目覚めすぎている
・何して生きているのかいまいちよくわからない

こういうメンツですね。
大人になっても自分探している系っていうのんでしょうか?
プラス厨二病入ってて、センスだけで人生乗り切ってきた感じがする男です。

友達、モエ子ちゃん(仮名)もどういうわけがこういう男ばかりが近づいてくる。

これなんでだと思いますか?

①モエ子ちゃんもメンヘラだから
②お母さんみたいに何でも許してくれそうだから
③人に自慢出来る彼女で「こんな俺でもこんな彼女が!」と言える子だから

こういう解答が上がるのかなと思いますが、はずれです。

①はない。
メンヘラはメンヘラが嫌いですからね。
同族嫌悪だし、傷のなめ合いが好きなのは女のメンヘラだけですよ。

②、③もないわけではないですが

※モエ子ちゃんスペック
・出版系の会社に勤務!
・美人広報としてメディアに出るくらいにかわいい
・歴代の彼氏はイケメン多し
・頭が良くて、話が上手い

しかしそういう女性なら他にもいるわけです。
モエ子ちゃんだけに群がってくるわけではない。

じゃあ何故か?

それは「モエ子ちゃんがメンヘラ男に厳しいから」です。

本人からしても意外だと思いますし、
「打たれ弱いから病んでるんでしょ、厳しい人嫌いなんじゃないの」って感じますよね。

でもこれ、私がメンヘラだから分かりますがメンヘラの根本にあるのは自己否定感です。

自分が嫌いな自分を人は愛してくれるわけがないと思っていて、それに拗ねている。

愛される人間になろうという努力もせず、単に顔が良いとか悪いとか、お金がないとかなんだとか、社会がどうのこういうのって逃げる。

だから、メンヘラは自分に優しくしてくる人間を評価しない。
上辺だけで励まされてもねえ…って思っています。

モエ子ちゃんは一応ちゃんとした社会人ですから、「そうなんですねー凄いですねー」と心で思ってなくとも言えるわけです。

でもそれは上辺だけど、メンヘラは察します。
で、ああこの人は内心自分を馬鹿しているのだろうと薄々理解する。

普通の人はそこで去るんです。
ただ、そういう男は去りません。
だって、「俺もそうだよ。俺だって俺を馬鹿にしてるよ」
と根深く共感するから。

ここでモエ子ちゃん本人がメンヘラだったら「おめえに馬鹿にされる筋ないないけど」となるけどそうじゃないからね。

【正しい人が正しく自分を嫌ってくれている】んです。
こんな快感そうないよね(病んでる)☆
絶対的な拒絶、圧倒的な嫌悪。
いずれも強烈な感情には違いないので、それを向けられると孤独な人間は嬉しいんですよ。

寄ってこないようにするためには、容認してそれなりに優しくしてあげて中途半端な感情だけを相手に見せる事しかないですからね。
……モエ子ちゃん大変だなあ。

しかし一見メンヘラでもまあまあ手間暇かければ良い男に育ったりする事もなくはないので。
それを!信じて頑張っていこう!

この手間暇のかけ方はいつかの機会に☆

♥こちらの記事もおすすめ♥