セックスレスなのに風俗に行く彼氏の気持ちとは

セックスレスなのに風俗に行く彼氏は、一体何を考えてるの?

自分とはセックスレスなのに他の女となんて…と思いますよね。
セックスレスなのに風俗に行く彼氏には2パターンあります。

彼女がセックスを拒否している場合

セックスレスというのは、たいていどちらかがセックスの拒否をしている状態です。
拒否する原因はケースバイケースですが、彼女がセックスを拒否している場合のお話をします。

彼氏が風俗に行く原因は、単純に【性欲を満たすため】が一番大きいです。
女性はセックスをしなくても平気な人も多いですが、男性はそうではないからです。

本来であればパートナーとするべきセックスですが、彼女に拒否されているのであればやむをえません。

だったら一人ですればいいじゃないかと思うかもしれませんが、やはり風俗に行くのと一人でするのとでは気持ちよさが全然違うのだそうです。(人によると思いますが。)

また、一人ですると虚しさを感じるという男性もいます。

彼氏がセックスを拒否している場合

女性が理解に苦しむのはこちらもパターンです。

自分が拒否しているなら他に行くのは分かるけれど、彼氏の方が拒否していて、私という存在がいながら風俗に行くなんて…と怒りや悲しみに暮れる女性は多いです。

このパターンの方が問題は深刻です。
彼氏はセックスをしたくないからセックスレスなのではなく、彼女であるあなたとセックスをしたくないという結論になるからです。

ここで勘違いしてほしくないのが、セックスしたくない=嫌いになった、好きではなくなったかというとそういうわけではありません。

彼女のことは好きだけど、セックスは別だという男性は多数います。
その原因として多いのが「彼女ED」です。

EDとは勃起機能低下のことで、セックスのときに勃起しない状態です。

勃起不全ともいうので全く勃起しないと思われがちですが、勃起するのに時間がかかったり、セックスの途中で萎えてしまう(中折れ)のもEDの一種です。

「彼女ED」とは彼女に対してのみEDという意味。
他の女性(ここでは風俗)では問題ないのに彼女相手だとEDになってしまうのです。

EDにはさまざまな原因がありますが、彼女EDは精神的なものが大きいです。
たとえば…

・彼女に何度もセックスをせがまれ、次第に億劫に感じるようになった
・セックス中などに傷つく言葉を言われた(気持ちよくなかった、など)
・飽きてしまった
・緊張してしまう

などが多いです。

男性も意外とデリケートな生き物なので、彼女が気付いていない間に彼氏にプレッシャーを与えていたというのはよくある話です。

彼女相手では勃たないけれど性欲はある、セックスはしたい、そんな男性がセックスレスでも風俗に行くのです。

解決策はある?

セックスレスは複雑でデリケートな問題です。

肉体的なことよりも心理的なことが影響していることがほとんどですので、何が原因で彼氏とセックスレスになってしまったのか、まず原因を探すことから始めましょう。

セックスを拒否しているのが彼女であっても彼氏であっても、お互いに好きという気持ちが変わらないのならまずは軽いスキンシップから始めましょう。

いきなりセックスにのぞむのではなく、手を繫いで寝たり、マッサージをしたりと、彼氏とカラダを触れ合う時間を多めにとるようにします。

焦りは禁物です。
お互いにプレッシャーをかけず、セックスを目的としないで愛し合うことを目的に、時間をかけてスキンシップをとっていってくださいね。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥