できれば女性には見てほしくないテクニック


From:WAN WITH A MISSION

はじめまして。
WAN WITH A MISSIONです。
今回からコイスルカラダのライターに仲間入りしました。

実は僕はとある企業の代表をしているのですが、恋愛がとっても苦手。

マネジメントとかマーケティングとか、そういうのは大好きだし比較的得意な方なんだけど、、、

恋愛はとっても苦手。
恋愛というか、女性が苦手。

女性とのコミュニケーションが苦手。

なんだか、そういう能力が全部商売の方にいってしまったんじゃないかって思ってます。。

おかげで仕事に関しては比較的にうまくやれてるんですが、やっぱり男として、人間として、異性とうまくやっていく能力っていうのは絶対にあった方がいいなって思ってます。

だからコイスルカラダをご覧のあなたに、僕から教えられる恋愛テクニックは1つも無いんですが、笑
男っていうのは、こういうことを考えてるよってことだったり、こういう女性は好き!っていうのをお伝えしていけたらなって思ってます。

では早速、お伝えしたいことがあります、、、

沖田さんの記事にある「魔法の一言」がやばい。

この記事ね。この魔法の一言。
これがヤバすぎる。

男からしたらマジ女に知られたくないっす。
実際、昔言われたことあるけど超怖かったとです。

都会育ちなのに方言でちゃうくらい怖かばい。
浮気心が1ミリも残さず破壊されました。笑

いや、浮気するつもりはないんだけど、
この魔法の一言は色々と応用がきいてしまうのでマズイ。笑

男はとっても臆病な生き物

言っておきますが男は、女性が思ってるよりもずっとずっと気が小さく、日々色々なものにビビりまくってるからね!

浮気なんてものはとってもわかりやすいけど、女性にもあるように、男にも秘密の1つや2つはあります。

でも女性ってそういうの全部隠し通せるよね。

浮気だって、女性はバレずに完全犯罪を成し遂げちゃう。
でも男はバカだから、

「私、、、わかっちゃうんだよね、、、」

って言われると、途端にそわそわしてしまうし、もうバレてしまってるなら、見苦しい言い訳をして更に状況を悪化させるよりかは、今から全てを正々堂々と話し、少しでも助かりたいって考えちゃう。

ちなみに僕は過去にそれを言われたこともあるし、きっとこれからもそういうことを言われたら、全てを自ら話してしまうと思う。笑

「私、、、わかっちゃうんだよね、、、」
これは本当に破壊力のある魔法の一言だ。

じゃあ今日は出血大サービスで、男が更に苦しむ状況をお伝えしたいと思います、、、

(もう出血大量で死ぬ気がする、、)

男が更に苦しむ状況

「昨日さー、何してた?」

これね。何気無い一言なんだけど、この一言がある時、凶器に変わるよ。笑

それは、いつもこんなこと聞いてこない子が突然こんなことを言い出した時です。

もう最悪じゃん。
絶対何かわかってるじゃん。
ごめんなさい。もう逃げ出したいっすよ。

もちろんこれは、いつも言わない子が言うことで力を発揮します。

いつも彼にこういうことを言ってしまうと、こっちも慣れてくるので、全くビビりません。

はい、今日もはじまりました~いつものやつ。
キャンディークラッシュでもやりながら答えるかな。

そんな風にリラックスした状態で受け答えできます。

超束縛女は怖くない

たまにいる超束縛系の子。
こういう子は日常的に全てを疑ってるので、男性からしたら一言一言がそんなに重くないです。

ちょっとイラっとするくらいで、基本、何言われてもぜーんぶ聞き流せる。

本当に怖いのは、いつも僕を全然疑っていないようなそんな女の子なんです、、、

心では何度疑ってもいいけど、言葉にするのを10回に1回くらいにしたらいいんじゃないかな。

そうすればあなたの何気無い一言は、破壊力抜群になります。
浮かれてる彼をこらしめたい時は是非そうしてください。

まとめ

こんな怖いこと考えずに男女仲良くしよう。笑
ギスギスするのはよくないし、カマかけるのもよくない。笑

会社でうざい上司にボロカス言われて帰ってきた彼は、あなたににゃんにゃんしたくてしたくて仕方ないのです。

そういうのが出来るから、家が癒しになり、寄り道せずに家に帰りたくなるのだ!

だから言わないで。

「私、、、わかっちゃうんだよね、、、」って、、、笑

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

アンダーヘアはじめてケアセット!
under_koi

めざせ!
理想のアンダーヘア♡
ラブコスメのはじめてケアセットなら、彼がつい触りたくなっちゃうふわふわのアンダーヘアが完成します♡

お泊まりの前には、アンダーヘアも完ぺきに♡

>>アンダーヘアケアセットはこちら

ABOUTこの記事をかいた人

WAN WITH A MISSION?

「金なら、ある」 ひたすら権力を手に入れることに費やした、とある中小企業の代表取締役。 それが「WAN WITH A MISSION?」 ”稼ぐことなら誰にも負けない! でも恋愛はさっぱりです助けてください!” 自信満々に語る彼の魅力に皆が手を差し伸べたくなる30歳。 全ての男が恥ずかしくて言えない本音を語る。