復縁したい相手に「あけおめメール/LINE」はアリ?

From:沖田涼

クリスマス終わってもう年の瀬。

この時期ってなんだか無性に寂しさを感じるというか、街の空気がいつもより冷たく感じてしまいます。
なので暖房ガンガンにかかったオフィスから一歩も出ません。

どーも。沖田涼です。

この記事書いてるのがちょうど12月25日、クリスマス当日。

みなさんいかがお過ごしでしょうか?

好きな人と過ごせてる?
友達と過ごしてる?
一人で過ごしてる?

そうですね。一人で過ごしたクリスマスでしたね。

沖田はご覧のとおり、皆のサンタになるべくコラム書いてます。
どんなクリスマスプレゼントより価値がある記事となることでしょう。

でも、もしかしたら幻の記事になるかもしれない。

なぜなら

編集長にナイショでこの記事書いてるから!笑

本来のコイスルカラダ更新スケジュールに割り込んででも伝えたい事がある。

というわけで、幻の記事になる前に急いで読むことをお勧めします。

復縁したい彼に「あけおめメール/LINE」を送るのはありか?

「送ったほうがいいですか?」
「送るとしたらどんな内容が良いですか?」

これ本当よく聞かれます。

そりゃそうだよね。

だって、新年1発めから外したくないし。

一年の計は元旦にあり

なんてよく言うけど、その計もクソもないくらいあけおめメールやLINEでしくじる人は毎年必ずいます。

それも1人や2人じゃない。意外と多くてびっくり。

「あ、今年終わったな」

そんな悲しい元旦にしないために、ここで学んでください。

絶対に送るべき。でも、、、

結論から言うと、あけおめメールやLINEは送ったほうが良いです。

それはなぜか?

理由は3つ。

  • 新年の挨拶は当たり前のことだから
  • いつもより返事が返ってきやすい
  • 新年ってだけで彼の頭のなかもリフレッシュ状態

新年の挨拶って世の中的に見ても普通にすること。

親でも友達でも職場の人でもそうだし、元カレだろうとなんだろうと人に対してする礼儀。

そんな当たり前の礼儀なんだから、して悪いはずがない。

逆に挨拶しないほうが無礼だし印象悪くなるよ。

そして、当たり前の礼儀だからこそ、返事もきやすい。

一言だけだろうと、返事をするのもこれまた礼儀。

もし返事もくれないような男だったら、そいつは人間として未熟過ぎでしょ(笑)

あとは、新年ってだけで頭のなかがリセットされてフレッシュな状態になってる人も多い。

過去にあったゴタゴタも「新年」の力で新鮮なイメージに塗り替えられるチャンス。

だからこそ、絶対に送ったほうがいい。

こんなメリットしかないはずのあけおめメールなわけです。

なのに、しくじる人が多いのはなぜか?

それは「復縁したい彼」に送る連絡だからこそなんだろうな、と沖田は気付きました。

しくじる人がやっちゃうNG

しくじったなーって人はだいたいこんなことしてるって具体例を挙げましょう。

自分が当てはまってないか要注意。

ちなみに、これやってる人は沖田もウザいと思ってしまいます(笑)

その絶対的に1年のスタートからしくじるNGというのは…




続きはLINEでお友だちになってくれた方限定で配信します!
お友だちになって、トーク画面に「5264」と入力すると、続きがお読みいただける記事をお届けします♡

新年1発目で躓かないために!
良い一年にするために!
「あけおめメール」のポイントをおさえておいてくださいね。

※必ずトーク画面に「5264」と入力してください!

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

沖田 涼

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。