魔の”セフレスパイラル”から脱却する方法

From:田中莉央

寒くなると寂しくなるから?
恋人が作りたいのに、セフレになってしまうという人や、そのことに対して真剣に悩んでいる友人がチラホラいます。

う~ん。本人が幸せならそれでいいけど
明らかに悲しそうなの…!

田中は別にセフレがいることを否定しているわけじゃないです。
お互いに納得していて、割り切った関係。
満足して一緒にいるのならばそれでいいでしょうし。

でも「セフレが悩みの種になっている」って、だいたいが女性側なんですよね。

その子は自分のことを大切にしてくれる人を求めているのに、相手のほうはセフレとしか考えていないから思いは常に一方通行。
セックスのときにしか愛情を感じられていないんです。

それでも相手のことが好きで、健気に待ってしまう。
捨てられるのが怖いから、無意識のうちにセフレでい続ける行動をとってしまう。

そんなあなたは、魔の”セフレスパイラル”にハマっているのかも!?

セフレスパイラルとは…?

彼氏じゃないけどいい感じの人と勢いでセックスしてしまった。
バイバイした後は、大切にしてくれたことを思い出して幸せな気持ちになるのに、家に帰った瞬間からものすごく寂しくなってしまって…

彼が何をしているのか気になって、何も手につかない日々が続いている。

メールを送ってみて、数日経っても連絡が来なくて、他の人を探そうと吹っ切れた瞬間に来るもんなんですよね。

「元気?」って。

お前のせいで落ち込んでたのになんで「元気?」なんて聞けるんだよ!!!!

って文句を言いたくなる気持ちよりも自分が必要とされているうれしさの方が勝って、また会う日を決めてしまう。

もしも言われた日に予定が入っていても、なんとか都合とつけて出かけてしまいます。
彼とセックスしているときはたくさん優しくしてくれるし、会えなかったときの寂しさが全部吹き飛ぶから。

セックスが終わったあとは、また連絡がとれず寂しくなっての繰り返し。

これが、なかなか抜け出せないセフレスパイラルです。
セックスしたことで、完全に情が移ってしまっています。

セフレスパイラルが加速する連絡

勇気を出して遊びに誘ってみたとしても、セフレの男性ってうやむやにして日にちを決めないんですよね。

「月曜か水曜なら空いてる?」
なんて2択で迫ったとしても…
向うの気分がのらなければ返事もこないし。

こちらが都合のいい日を教えたとしても、曖昧な答えをして逃げてしまう。
女性の方は恋人でもなんでもないのに、かすかな期待を持って苦しむ毎日。

でもあくまでセフレはセックスが目的なので、基本的にセックスする日にちを決めるとき以外はスルーされてしまいます。

こちら側がもう連絡をしないって決めるとタイミングを測ったかのように来る連絡。

女性の寂しくなる期間と男性が特にヤリたくなる期間って一致しているのでしょうか?(笑)

この忘れたころに来る連絡が、寂しく揺れていた心に安心感を与えてしまい、より抜け出せなくなる泥沼状態。

セフレスパイラルから抜け出したいなら…

いつまでもセフレの関係に満足ですか?
もしも無理していて、苦しくて本当はこんな寂しい関係は辞めたい。
セフレとの関係を終わらせたいなら…

強い気持ちを持って絶対に連絡しないこと。
SNSでのやり取りもしない。

「いつ会える?」なんてタイミングよく聞かれても、本当に関係を終わらせたいならば、仕事や友達との約束を理由に断ってしまいましょう。

周りに理解されない、曖昧な関係だからこそ、きちんと話し合ってキレイに別れるなんて難しいですから。
あなたの強い意志が必要となります。

相手の方だって、都合よく性処理ができて、体の相性もいいアナタを簡単に手放すとは思えないし。

1回セックスできたから、ちょっと押せば何回でもできる。
だからズルズル引きずってしまうのです。

逃げそうなあなたを甘い言葉で引き止めようとしても、それになびいていたらセフレスパイラルからは脱却できません。

田中も耐え切れなくなってセフレとの連絡を断ったりしたこと、あるある。
案外切ったあとは吹っ切れて、いい出会いがあったりもする。

セフレから本命になったこそも数回あるけど、これもものすごく確率が低いことなんだよね。(機会があれば紹介しますね。)

大人になるほどに、自分の恋愛パターンって決まってしまいますよね。
だめだと分かっているのに、彼がいなくなる寂しさにも打ち勝てず、余計に抜け出せないんだよなって思います。

自分が本当はどうしたいのか、セフレスパイラルから抜け出したいならば断る勇気を大切に!

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

田中 莉央

早く幸せになりたいけど、恋愛もセックスも大好きだし、オシャレもやめられない! 下町育ちの明るく元気な若き30代。 テレビっ子ゆえの情報量の多さと経験豊富なアネゴ目線で 世の悩める女性たちへ向けて物申します!!