バレンタインの男の本音


From:沖田涼

もうすぐバレンタインデーだからウキウキしてます?
何かあると思ってドキドキしてます?

「もしかしたら好きな人と…」

なんて思ってます?

 

ふぅ…

言わせてもらおうか。

 

お前らがどんなに
バレンタインデーに期待して
ウキウキしてようがドキドキしてようが

 

 

それ以上に俺のがワクワクしてるもんね!!!

 

どーも、チョコレート大好き沖田涼です。

 

ちなみに

今までで一番チョコもらったのは
高校1年生の時の62個です。

紙袋5つパンパンになるくらいもらいました。

 

これだけもらえば当然、俺が学年1位だと思うじゃないですか。

でもね、恐ろしいことに
同じクラスのY君が108個もらってぶっちぎり学年1位でした。

108個なんて煩悩の数以外で聞いたことねーよ(笑)

 

そして、

俺とY君は互いを讃え合って

その日の帰り道

もらったチョコ

 

ほとんど川に投げ入れましたとさ(笑)

 

さて、ここで問題です。

なんでチョコレート大好きな沖田がこんな事をしたのでしょう?
沖田だけならともかく、なんでY君もこんな事をしたのでしょうか?

 

それには男である我々に共通した
ある“本音”があるからです。

 

もうね、本当この記事をバレンタインデー前に書けてよかった!

あなた方が事故る前にハッキリ伝えてあげることができるので幸せです。

 

では、説明しましょう。

 

男がバレンタインデーで喜びを感じるのは

 

■チョコを貰った数の実績

■彼女からチョコもらう事

■可愛い子からチョコもらう事

 

この3点のみです。

 

おわかりでしょうか?

もう少しわかりやすく言いましょうか?

 

男がバレンタインデーで迷惑に思うのは

 

■ブスからもらうチョコ

■得体のしれない手作りチョコ

■バレンタインデーに便乗したラブレター(笑)

 

この3つなんですね。

 

とりわけ最悪なのは

 

”ブスが作った手作りチョコにラブレターが入ってる”

これです。

 

ぶっちゃけ、突然よくわからん奴にチョコ渡されても困るからね。

ブスはイベント事だからって何でもかんでも便乗しちゃダメ。

 

そういうあなたにアドバイス出来るのは以下3点。

 

①チョコじゃなくて現金を渡す

②高級なチョコを比較的可愛い子と一緒にという体で渡す

③誰からももらえてないであろう可哀想な男に周りにバレないようそっと渡す

 

個人的には①が好きですお待ちしてます。

 

これ書いちゃったら
すごい性格悪い人に思われるのでしょうね(笑)

だけど、全ての男を代弁させて頂きました今回は。
世の男性諸君は、これを言ってしまうと誰からももらえなくなるので言えないでしょう。

そんな男性の味方であると共に、勘違いして突っ走るブスがケガしないようにこれからも頑張ります(笑)

 

-沖田涼

沖田涼

ABOUTこの記事をかいた人

沖田 涼

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。