ずっと輝き続けるために!ステキ女子の生活から魅力を保つ秘訣を探る


女性として“生きる道”とは?ステキ女子から学ぶ前向き思考!

From:mi-ko

暑い夏も終わりを迎えたのか、だんだんと肌寒い日が増えてきましたね~(´Д`)
こんにちは!ママ女医奮闘中のmi-koです(^_^)/

最近はトキメキやドキドキを味わうことはめっきり減った今日この頃。
でも、その分子供というかなーりの刺激的でちっちゃな怪獣のおかげで、私も旦那も感化されまくっています(笑)

そんな中、最近自分に磨きをかけ続けている“ステキ女子友”たちと久しぶりに会いました!
今回は、彼女たちの行動から改めて考えさせられた、恋愛・仕事・趣味・美容などについてお話をしていけたらと思います。

人それぞれ置かれてる環境も条件も違うけど、常に壁を突破して高みを目指していこう!という原動力にしてもらえたら嬉しいです!

恋愛は上手くいかない…けど仕事への意識は人一倍!

まず1人目の女性。

気がつくと妻子ある男性に引かれていたり、一癖、二癖ある男性から言い寄られたりすることが多い彼女。
なぜ、自分がそういう人にばかり出会ってしまうのか?と長いこと悩んでいて、ついつい彼の曖昧な態度も甘やかしてしまうそう。

これだけでも「とっても気持ちがわかる!」と共感できる人もいるのではないでしょうか?

そんな彼女は、これから仕事をしていくうえで、活用できる上級な資格を取るために絶賛勉強中とのこと。
これ、スゴくないですか!?完全にプライベートと仕事を切り離せる能力(@ ̄□ ̄@;)

私は、旦那と別居中、仕事が全然手につかない期間がありましたし、資格も必要最低限のものしか取得するつもりがありません。

でも、彼女はどんなにプライベートで困難なことや悶々とすることがあっても、仕事へのプロ意識がしっかり持てているので、心から尊敬しました!

もしかすると、仕事にそれだけストイックだからこそ、恋愛では優柔不断になりやすい、またはなりたい、優しく言葉をかけてくれる人なら誰でも甘えたいという気持ちがどこかにあるのかも?

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

mi-ko

30代♀。1児の母と女医を辛うじて二役やってます。専門は麻酔、最近勉強中の分野はアンチエイジングです☆ 国際結婚3年目。 結婚1年目に夫婦喧嘩を機に一度別居するも、色々な方の助けを得ながらなんとか復縁。 やれやれと思ってつかの間に妊娠発覚! 2016年女児出産。(こちらも色々ありました…) 現在0歳(&旦那も!?)の育児と仕事に追われる忙しくも楽しい日々を奔走中…。 カラダの悩み、心の悩み、女の悩み… 私もまだまだ未熟者ですが、一緒に解決していきましょう!