過去の男はUSBメモリに保存!忘れてはいけない理由


From:今井有佐

あなたは彼と別れたらすぐに忘れられる人ですか?
それともなかなか忘れられない人ですか?

今月の特集は「過去の男たちにさよなら」ですが、今井はすぐに忘れてしまう…

なのでなかなか忘れられないというよりは、過去の男を忘れて

・今よりもっといい恋愛がしたい!
・もっといい男性に出会いたい!

と思っている人へ、過去の男を上書きして忘れるのではなく、USBメモリに保存することをおすすめしたいと思います。

よく男性はフォルダー分けをして保存、女性は上書き保存をするということが言われますが、今井はUSBメモリに保存するように心掛けています!

どういう意味かというと、
「あえて忘れないようにする」
ということです。

なぜなら、、、

そもそも、なぜ過去の男を忘れたいのか?

・その恋愛が悲しいものだったから?
・思い通りにならないことがあったから?
・まだ彼を好きだという未練がましい自分が格好悪いから?
・忘れられないくらい最低な男だったから?

今井はこれらを全部思ったことがあります。

それでも新しい好きな人が現れると過去の男が上書きされ、その時に好きな人が一番となり過去がどうでもよくなる「女性は上書き」という現象を身に持って体験しました。

別れた直後くらいはギャーギャー文句をいうことがあっても、ヨリを戻したいと思うこととか実際にヨリを戻すことがありません。

それは、そのとき好きな人が「一番」になってしまうからだ。

過去の男たちに持つネガティブな気持ちよりも、新しい彼が与えてくれる「好き」というポジティブな気持ちの方が心地よいからです。

しかし、こんなおめでたい思考だけど「なかなか理想の人に出会えない!」という時期がありました。

いや、これでは出会えるはずがなかったのだ。

もし、あなたがいつも同じような恋愛をしてしまうなら、、、

悲しかった思い出は変えられない。
彼と別れたことも、思い通りにならなかったことも、そして、最低な男だったことも変えられない。

それが「結果」で、すでに過去だから。

その結果になったのは相手のせいかもしれないし、”わたし”のせいかもしれない。

過去の自分も相手も変えることはできないけど、同じ結果にならないために、未来の自分を変えることや恋愛する相手を選択することはできます。

過去の男はそれまでの自分の恋愛の結果で、未来の自分を変えることや恋愛する相手を選択する道標なのに、忘れてしまうということは、、、
ここを行けばジャングルから抜けられますよ〜と正しい道があるのに、あえて道がないジャングルに飛び込んで一から冒険をするということだ。

それでは出口に抜けるまで時間も掛かるし、体力もいるし、気力もいる。
あるいは出口が見つからないこともあるかもしれない、、、

つまり、自分が望んでいる幸せをまた遠回りして探すことだ。

だから、

理想の男性に出会いたい!
もっといい恋愛がしたい!

なら、道標となる「過去の男」は忘れてはいけないし、USBメモリに保存することをおすすめします。

USBメモリで保存をしておくのは、フォルダ分け保存だとすぐに思い出して今の恋愛で何か問題があったときに比較して、隣の芝生はよく見えるじゃありませんが、逃げ道を作らないようにするからです。

別れたということは少なくとも過去にも嫌なことはあるのに、過去が良く見えるのは大抵今が嫌で、過去が美化されてしまうからだ。

だからいつでも開けるフォルダ保存をして覚えている必要はありませんが、今の恋愛で迷ったときに正しい道に進めるように、、、
記憶の奥底にあるUSBメモリを挿して確認できるようにしましょう。

間違っても上書き保存して「過去の男」を消さないように。

ちなみに今日好きな彼も、昨日の彼は過去の男です。

その道標のお陰で幸せを手に入れたとき、USBメモリを挿して確認する必要もなくなるわけですから、そういう意味で本当に過去の男とさよならできるでしょう。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】彼を本気にさせる恋アイテム♡
ah

海外ではデリケートコスメは女の常識!!
彼を“その気”にさせちゃう官能的な香りで、お風呂から出た瞬間に押し倒されちゃうかも♪

ABOUTこの記事をかいた人

今井 有佐

恋愛とセックスと化粧品をこよなく愛すサラリウーマン。通常乙女、時々ビッチの中間視点からセックスと愛を分析します。美意識とセックスと愛、理想とする自分 本能のままの自分、どちらの自分とも上手に付き合えるようになりたい女性たちへ