最近増えてる恋愛不感症女子!ときめかないのはなぜ?


From:平井ちひろ

近頃、
「恋はしたいんだけど、ときめく人がいない」
「恋愛するより、友達と遊んでいた方が楽しいし」という女子が増えてきたようです。

恋愛したくない!というわけではなく、恋愛したいんだけど、なぜかときめかない。
ときめかないから、そんなつまらないお付き合いをするくらいなら気心知れた友人と遊びたい!となるようです。

ある女性を対象としたアンケートでは、なんと3人に1人が「恋愛はしたいけど、ときめく男性に出会わない」と答えたそう。

この恋愛不感症を改善しない限り、パートナーとの素敵な未来はやってきません!
あなたの原因はどれに当てはまるか確認して、恋愛不感症を改善しましょう。

男性のマイナス面を見てしまう

「あの人って、あんなダメなところがあったんだ…」
「こんなマイナス面があったら、付き合ったら大変そうだから…」

など、男性のマイナス面ばかりに目を向け減点していくこと、ありませんか?

欠点のない人間なんてこの世には存在しません。
欠点だと思っていた部分も、違う側面から見れば長所に変わるなど、状況や環境、価値観でものの見方は大きく変わるのです。

たとえば「べらべら喋ってうるさい」人は、他の人から見れば「明るくお喋りする」人なのかもしれません。
また、「快活で豪快」な人は「大きな声で怖い」人かもしれません。

男性に限らず、人を見るときは長所から見るようにしましょう。
そして、初めて見たその人の印象に加点式でいいところを見つけたらプラスしていくのです。
減点式だと減っていくばかりですが、加点式だと増えないことはあっても、減ることはありません。

「あ、あの人ってこんないいところがあったんだ!」
そう思った方が「あーゆーとこ、嫌だな…」と思うよりずっと心穏やかです。
相手のいいところを見つけてあげられる人の周りは、人で溢れますよ。

想像の恋愛で楽しんでしまっている

自分の理想の人を思い浮かべて、空想の中でその人との楽しいデート、恋愛を楽しんだことはありませんか?
女性なら一度はしたことがあると思います。
いいところを寄せ集めた理想の王子様。

空想の中だと、その理想の王子様に熱烈に求愛されたり、こちらから告白しても上手く行ったりしますよね。
すべて自分の思う通りになるのですから。
女性なら一度は通る道ですが、恋愛不感症女子はその空想を今も楽しんでいるのです。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。