彼の愛が足りない・彼氏が冷たくなった。そんな時は、これ!

最近、彼氏が冷たくなったかも…

From:大塚りの

あなたは、「今、彼氏とラブラブですか?」って訊かれたら、自信を持って「はい!」って答えられますか?

「仲良くはしているけど、以前みたいにドキドキしたりときめいたりすることは減ってしまった……」

「そういえば、前ほどは愛情表現してくれなくなったかも……」

そんな方も多いと思います。

もちろんそれは、お付き合いが長くなってくれば当たり前のことだし、穏やかに一緒に過ごすのも、決して悪いことではありません。
でも。

……ちょっと、さみしいですよね?
たまにはもっと、彼の愛を感じたいですよね??
愛情表現、ちゃんとして欲しいですよね!?

今回は、そんな時にオススメのちょっとしたテクニックを3つ、ご紹介します!
どれもそう難しくはないので、どうぞ気を楽にして読んでみてくださいね。

1.付き合い始めの頃を思い出させる

今はあんまり愛情表現をしてくれなくなった彼。
では、付き合い始めの頃はどうだったでしょうか?

最初から照れ屋でなかなか……という人も中にはいるかもしれません。

それでも、やはりお付き合いに至るまでの「お互いの愛情を確認する過程」では、それなりに表現をしていてくれたはず。

ということは、彼の中に、そういう部分が全くない、というわけではありません。
でも今は、なかなか表現してくれなくなってしまった……。

理由は、「慣れ」「ちょっと面倒」「しなくても大丈夫と安心している」など、その彼によっていろいろありますが、それはここでは省略するとして……。

じゃあ、付き合い始めの頃みたいに愛情を表現してもらうには、具体的にどうすればいいのか?
そう、もうおわかりですね。

あの頃の気持ちを、彼に思い出してもらえばいいのです。

彼が、付き合い始めの頃のことを思い出すようなきっかけを、さりげなくあなたから作ってあげましょう。

たとえば思い出の場所に行ってみたり、当時流行していた曲を流してみたり。

それでその時の「記憶」を思い出せば、それと同時に、彼はその時の「気持ち」も思い出してくれるでしょう。

そして実は……この時刺激するのは、「嗅覚」が、一番オススメなんです!
嗅覚は、五感の中で最も強く「記憶」と結びついています。

ですから、思い出の料理を食べたり、自分がその頃使っていた香水やシャンプーに戻してみたり、「香り」「匂い」を使う方法が、何より効果的なんです。

もちろん他の感覚でもきっかけにはなりますが、もし何か使える「香り」「匂い」があったら、ぜひ試してみてくださいね!

2.求める前にまず自分から

見出しを読んで、「え、私の方はいつも彼に愛情表現してます!自分からは、もうちゃんとやってます!」と思った方も、いらっしゃるかもしれませんね。

でもこれは、「愛情表現を自分からしよう」という意味ではありません。

人というのは、「人から何かをしてもらったら、『お返しをしなくては』という気持ちになる」ものです。

(心理学の世界では、これを「返報性の原理」と言います)

なので、「彼が喜ぶこと、彼のためになること」を、無償で何かしてあげましょう。

それは、スキンシップかもしれないし、褒めることかもしれないし、普段あまりしていないあなたの場合はやっぱり愛情表現かもしれない。

ひょっとしたら、逆に少しのあいだ彼を放っておいてあげることかもしれません。

(彼に何をしてあげたら喜ぶかは、彼女であるあなたが一番わかっていますよね!)

ポイントは、あくまで「見返りを求めない」こと。

それにより、あなたに「してもらいっぱなし」になってしまった彼は、お返しをしたくてモヤモヤします。

そこで、「もうちょっと愛情表現してもらえたらうれしいな」ということをさりげなく伝えられたらOKです。

「どうお返ししたらいいかわからない」と戸惑っていた彼は、喜んで愛情を表現してくれるでしょう。

「自分は愛情表現はいつもしている」派の人も、この原理を踏まえて、ちょっと振り返ってみてください。

「大好きだよ、○○くんも私のこと好き?」などと、「表現」だけでなく「見返り」を求めるやり方をしてしまっていませんか?
これを変えるだけでだけで、彼の反応はきっと良くなるはずです。

「してもらいたかったら、まず先に自分からする」「見返りは求めず無償で」
この考え方は、どんな場面においてもとても役に立つので、ぜひ覚えておいてくださいね。

3.もっとよく見てみよう!

最初の項目に「付き合い始めの頃は彼も愛情表現してくれていたのに」というようなことを書きましたが。
これ、実はけっこうブーメランだったりします。

ちょっと考えてみてください。
あなた自身は、どうですか?
付き合い始めの頃と、変わったところはないでしょうか。

最初の頃、またはお付き合いする前は、彼が何を考えているのか、本当に自分のことが好きなのか、それこそ頭の先からつま先までじっと彼のことを観察するくらいだったのが。

今は、「お互い好き」というのは前提としてあるし(お付き合いしているわけですから)、そこまでしなくても、だいたい彼のことはわかっている……と、思っていたりしませんか?

もちろん、それは当然のことです。

いつまでも付き合い始めのテンションというのも、それはそれで疲れます(笑)

それに彼のことが以前より理解できているのも、だんだんと穏やかな関係になっていくのも、ごくごく当たり前のこと。

でも。

たまには、あの頃のように、彼の言動を、よーく観察してみてください。

そうすると、実は愛情表現を「してくれていなかった」のではなく、「表現が地味になった」だけだということに、気づけるかもしれません。

都会の夜空に、ぱっと見ただけでは星は出ていないように見えても、じーっと長いこと見ていると、かすかにだけどたくさん出ていたことに気づく……みたいな感じですね。

「ない」のではなく、「かすかなので見えにくくなっている」だけなのです。

だとすれば、彼の側の「光を増してもらう」だけでなく、あなたが「目をこらす」ことで、案外問題は簡単に解決するのかもしれません。

また、そうすることで、以前は気づけなかった彼の「地味な愛情表現」が、「そんなことしてたのか!」と、逆にものすごく愛おしくなったり、微笑ましく感じたりもするものですよ!

 

いかがでしたか?

「愛情表現してほしい」と思っても、上手に伝えるのは、なかなか難しいもの。
直接言ってしまえば面倒がられるし、だからって、試すような行動は、絶対にNGです。

(彼のことを信用していないと思われて、ケンカになってしまいますよ!)

そんなときに、この3つなら、彼にイヤがられることなく愛情表現を引き出すことができます。

ときどきはこんなテクニックも使いながら、大好きな彼と、仲良く楽しく末永くお付き合いしてくださいね☆

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】彼が興奮しちゃう唇に♡
44b152e63fa75df97bce0000c93625ec

彼がキスしたくなっちゃう不思議なリップグロス!
男性の本能を刺激するフェロモンの香りで、彼にいきなり押し倒されちゃうかも…♡

キス専用リップはコチラから

ABOUTこの記事をかいた人

大塚りの

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!