正統派イケメンと付き合うなら覚悟しろ!後編【腹クロ子連載】Vol.3


From:腹クロ子

改めまして。
腹クロ子です。

初めての講座だったためか、前回は思わず熱が入りすぎて、酸欠になってしまいました。
意図せず前半後半に分けてしまったのですが、ついてきてくださってますでしょうか。

それならよかったです。
では早速続きの講座をはじめましょう。

>>前回の記事「イケメンとの出会い」はコチラから

【意外に早くやってきた別れ】

クラブで出会って以来、リョウさんからは毎日のようにメールが来ました。

そんな猛アピールが延々と続き、さすがに信じてあげようと警戒心を解いたわたしは出会って3ヵ月くらいで付き合いました。

誰もが振り返るようなイケメンから長期的にアタックされたことがなかったので普通にうれしかったですしね。

だからか、今でも当時の話を友人にすると「あのときのクロ子はめちゃめちゃ調子に乗ってたね」と言われます。

間違いなく鬱陶しかったんでしょう。
反省反省。

ただ、いくら調子に乗っていても芯はこじれているわたしですから、ときどき俯瞰で互いの関係を見つめているときもありました。

やっぱり客観的になるって大事で、そうしたことでいろんなおかしな点が見えてくるようになったんです。
たとえば

・語彙力が壊滅的に不足していて話していても前に進まないことがある
・全部自分の常識で話してくるため何を言っても否定されるし馬鹿扱いをうける
・家に来いと呼ばれたときは絶対に行かないと別れをチラつかされる

という人として疑う部分、

・深夜の0時頃になると決まって電話をしに出ていく
・何をするにも携帯は肌身離さず持ち歩く

という明らかに浮気している男性のテンプレのような振る舞いです。
どう見たっておかしくて、もう顔の良さじゃカバーできないところまできていました。

でも、その当時は何とか我慢しようと頑張っていたんですよ今じゃ到底信じられないけど。

相手の希望は聞かないといけないのに自分だけが我慢しているシチュエーションも、おかしいとは思いながらも「リョウさんがいなくなるよりマシ」と常に自分を騙して毎晩泣いていました。

【あっという間に訪れた別れ】

そんな日々も半年で幕を閉じます。
キッカケはリョウさんからの唐突な別れ話でした。

理由は、重いことや言いなりみたいな姿勢が嫌だということだったのを覚えています。

謝罪の言葉は一切なく、どこか虚ろな目をしてとにかくわたしが悪いという話を延々と続けるリョウさん。

「いやいやお前が無理矢理抑えつけてたんやろがぃ!!おん???
口に手ェ突っ込んで奥歯ガタガタ言わせたろか??????」

今であればこんな風に言えたであろうわたしですが、その当時はショックで声が出ず縋ってはいけないと号泣して鼻水を出しながら

「い゛ま゛ま゛で゛あ゛り゛がと゛う゛」

とワンピースのロビンのように濁点だらけで伝えたのを昨日のことのように覚えています。
いやぁ今思い出してもあれはひどかった。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

腹クロ子

サブカル・映画・海外ゴシップ、何でも大好きこじらせ系ライター。 仄暗い学生生活で培ったひねくれた視点と、過去のイタすぎる恋愛経験を基に、 ノーマルからアブノーマルまで様々な恋愛の謎を解き明かします!