本当はイヤ!彼が元カノと会っていても喧嘩にならない方法

From:山口 恵理香

「別れても友達として付き合っているんだ」
もしあなたの彼があなたと付き合ってもなお、元カノに会おうとしていたら、どうしますか?
何が何でも阻止する?それとも、しばらく様子を見守る?

いくら友達同士とはいえ、一度はカラダの関係をもった相手。
彼女としては、ただ黙って見過ごすわけにはいかないですよね。

そこで今回は、彼が元カノと会っていても喧嘩にならない方法をご紹介いたします。

なぜ会うの?

そもそも彼は彼女がいるのに元カノに会うのでしょう?
下心がないとは断言できないものの、本当に大切な人だったからこそ、別れても友達の一人として付き合っていたいのかもしれません。

もともと女友達が多い場合、たとえ彼女ができようとも自由に異性の友達と遊ぶことに抵抗がありませんから、あなたが違和感を覚えるほど、彼は悪いことをしていると思っていないのかもしれません。

いずれにしても、彼が彼女の制止を振り切ってまで元カノと会い続ける理由は、それぞれの彼氏によって事情も異なるでしょう。
どうしても気になるなら、本人に聞いてみてはいかが?

浮気したときに備えて準備をしておく

「会わないで」とお願いしても元カノと会うことをやめないなら、万が一浮気されてもダメージが少ないように準備をしておきましょう。
たとえば、怪しい行動をとり始めたら、ノートに記録をつけて、一定期間書きためたら彼に突きつけてみるとか。

あるいは、常にSNSを通して彼の行動をチェックしておくことも浮気対策になります。

いまいち彼が信頼できないなら、いつ一人になってもいいように「おひとりさまスキル」を上げておきましょう。
彼がいなくても、一人で気ままに旅をしたり、カフェに入ってゆっくりしたりと、一人行動に慣れておくことも彼から自立することに繋がります。

会う頻度を減らしてほしいと伝える

彼と元カノの関係をいきなり断ち切ることはできません。
とはいっても、今彼と正式にお付き合いしているのは、あなた!
さすがにずっと黙って見守るだけでは納得がいかないですよね。

せめて、会う頻度を減らしてもらっては?
たとえば、今まで毎月会っていたなら、3か月に一度、半年に一度くらいまではおさえてもらうなど、一生懸命話し合って、折衷案をだすのです。

彼が文句を言ってきたら「今、付き合っているのは誰なんですか?」とバシっと問い詰めましょう。
彼もさすがに彼女の要望を無視してまで、頻繁には会おうとしないはずです。

二人きりはやめてとお願いをする

いくら今は友だちとはいっても、かつては恋人だった二人。
何度「友だちだから」と言われても二人きりで会うことに納得できないなら「複数人ならOK」と、代替案を提示してみましょう。

誰がどうみても心配している彼女を振り切ってまで、元カノと二人きりで会う必要はありません。
よっぽど二人きりで会うことにこだわるなら、残念ながら彼のほうが未練たらたらなのかもしれませんね…。

基本的に詮索はしない

二人で話し合いルールを決めたうえで、彼が元カノと会うとなったら、それ以降は基本的に詮索してはいけません。
もちろん、彼の許可なしに携帯をみるのも禁止です。
ただし、あきらかに彼が怪しい行動をとり始めたら、警戒するべき!

▼関連記事
もしかして浮気?!彼の携帯を見ちゃう方へ

よっぽど怪しいニオイがしない限りは、あなたもあなたで、男友達とのお付き合いを大切にしましょう。
付き合ってからも異性の友人と付き合い続けることは、大人になってからも大切です。

その代わり、彼にも詮索させないこと。
彼だけがあなたの友人の付き合いに文句を言ってくるなんてあり得ません!
彼もあなたも異性の友人を大切にするというスタンスを貫くなら、詮索はしないことです。

いかがでしたか?

彼が元カノと会い続けることに納得がいかないなら、ちゃんと素直に自分の気持ちを伝えること。
何かあってから伝えても遅いのです。

あくまでも彼女は自分であること、優先すべきは誰なのかを彼にもよく理解してもらいましょう!

♥こちらの記事もおすすめ♥

彼と今後、うまくやっていける?
スクリーンショット 2016-02-17 15.57.52
電話占いの<マヒナ>は、恋愛、結婚、復縁etc…
あらゆるジャンルに特化した占い師があなたの状況に最善のアドバイス。
電話占いなので、その場ですぐに結果がわかり質問もできます。

今なら最大20分間、無料で話せるキャンペーン中。
ケンカばかりの彼と今後もうまくやっていけるのか、このまま今の恋愛を続けてもいいのか、占ってもらいませんか?
この機会をお見逃しなく!
muryoshindan

山口恵理香ライター名: 山口恵理香 他の記事を読む (31件)

Webライター・恋愛コラム二スト。 2013年より活動を開始以降、年間2000記事近くを執筆。 得意ジャンルはもちろん恋愛!ちなみに交際6年目に入る相棒がいます。 趣味はスタバ巡りとショッピング。 記事を通して、読者の皆さまに小さな気づきやきっかけを提供できるよう執筆に力を入れてまいります。







シェアする