「出会いがない」と嘆いているあなたへ…やるべきことは、ひとつだけ

From:大塚りの

学生時代は、入学やクラス替えのたびに、何十人という単位であった、「出会い」。
でも、社会人になると、転職でもしない限り、同じ人とばかり顔を合わせる日々……。
「こんなんじゃ、彼氏を作る以前の問題だよ!」
と、嘆いている人、いませんか?

実は私も、そうでした。
今の会社に入って実に10年以上、ただの事務員で内勤なこともあり、本当に「出会い」と呼べるものは、全くと言っていいほどありませんでした。

そんな私が、約半年ほどの間に何十人もの人との出会いを果たせたきっかけを、今回は、お教えしますね!

もちろん、その中には、フリーの独身男性も数多くいました。
そして、そのうちの何人かとはちょっといい感じになり……結果、今の彼も、その中のひとりです!
転職も引っ越しもせずに、私がこんなに多くの人と知り合えたのは、なぜなのか?

その秘密は、じつはたったひとつだけなんです。

「外に出る」

答えを先に書いてしまいました。
そう、「外に出る」、たったこれだけです。

と言っても、もともと会社には通っていたし、姉や限られた友人と飲みに行くことくらいはあったので、別に引きこもっていたわけではありません。
ですから、この「外に出る」というのは、ただ単に、室内から屋外へ、という意味ではなく……、
そう、「外向きに」、というのが近いかもしれません。

その頃の私は、実は付き合っていた彼と別れてボロボロでした。
どうしても彼とやり直したくて、自分磨きをしなきゃ、向上しなきゃ……、と、自己啓発系の本もたくさん読みました。
そして、「ちょっとでも興味があると思ったら、とりあえず首を突っ込んでみる」ということを始めたのです。

ただの会社員の私には全然関係ない、起業を支援するビジネス系のセミナーにも行きました(講師のオジサマが、動画で見たら面白そうな人だったので)。
結果、オジサマに気に入られ、今では飲み友達です。

そのオジサマの知り合いだけで何十人という人と出会い、「りのちゃんフリー!?ならコイツはオススメ!」と、なかなか素敵な男性を紹介されたりもしました。

「フルマラソンを走ろう」という会にも行ったし(健康なほうがいいかと思って)、今では誰とも繋がっていない高校の同窓会にも出ました(誰のこともほとんど覚えてなかったけど)。
そしてそのたびに、新たな出会いはいくらでもやってきたのです。

結果……今の彼は、同窓会で再会した、高校の同級生です(高校生の頃の彼に関する記憶は全くありませんでしたが(笑))。

「彼氏を作る」を目的にしない

さて、これは、「彼氏が欲しかったら同窓会に行きましょう」という話ではありません。
たまたま今の彼は同級生ですが、ひょっとしたら、ビジネスセミナーで知り合った人と付き合っていたかもしれないし、マラソンの会の人だったかもしれないし、オジサマの知り合いとだったかもしれない。

ただひとつ言えるのは、もしどこにも出掛けて行っていなければ、今も誰とも付き合ってもいないし、友人も増えていなかっただろう、ということです。
ポイントは、最初から「彼氏が欲しい」と、ターゲットとなりそうな男性との出会いを求めてあちこちに出掛けていたわけではない、ということ。

「人脈」という言葉がありますよね。
人と人とは、繋がっています。

Aさんと知り合ったらそれで終わりではなく、その先のBさん、Cさんと繋がることもある。
だから、「若い男性がいそうな場所」を狙って出掛ける必要は、全くないのです。
大切なのは、あなたが楽しめる、興味が持てる場である、ということ。

あまり気乗りしないけれど、「出会い」がありそう、というだけで出掛けても、あなた本来の良さは決して出ません。

逆に、あなたがその場でわくわくして魅力的なオーラを発散することができれば、その場にターゲットとなる年齢層の男性がいなくても、そこで知り合った人から人へと繋がって、素敵な男性と知り合えるのです。

男性が一人もいない場でも、たとえば料理教室で知り合った女の子と親友になるかもしれないし、その子の彼の友人を紹介されるかもしれない(結果紹介されなくても、友達ができるのは楽しいことですよね)。

スポーツが大好きなら、ジムに行くのもいいかもしれません。
仲間もインストラクターも、全部「出会い」です。

そうして「彼氏が欲しい」なんてことを忘れた頃に、きっと運命の出会いがやってきます。
外向きに積極的に人生に関わるようになると、どんどんと人が寄ってきますからね。
これは、経験した私が言うのだから本当です、間違いありません!

 

ではここで、ほとんど会社と家の往復だけだった「プチ引きこもり」の私が、そんな風に外向きに変わるきっかけとなった1本の映画をご紹介します。

自己啓発系……前向きがどうの向上がどうの、という本やらサイトやらを読み漁っていた時期に、何かでオススメしてあったので、じゃあ、と思って軽い気持ちで観てみたものです。

普通に観れば、ただのエンターテインメント、コメディとして、ただ面白く観ることができます。
でも、その頃の私には、ガツン、とくるものがありました。
私の人生を変えた一本、と言っても、過言ではありません。

「イエスマン
“YES”は人生のパスワード」

主演はジム・キャリー。
「マスク」や「トゥルーマン・ショー」で有名な、とてもチャーミングなコメディ俳優さんです。

彼が演じる銀行員・カールは、友人や知人・勧誘の類まで、ありとあらゆるお誘いをなるべく断る=「NO」と言って生きてきました。
ところがあるセミナーに出たことがきっかけで、全てのオファーに「YES」と言わなくてはならないことに。

そうすると、彼の生活は一変し、やがて、停滞していた彼の人生は、思いもよらない方向へ動き出して……。
というのがあらすじです。

笑って楽しんで終わり、でも良いのですが(だとしても良質なエンターテインメントです)、私はこれを観て、「自分が動かなきゃ、外に向けて働きかけなきゃ。今のままでは、何も変わらない」と、本気で思いました。
そして実際に行動した結果が、先に書いた通りです。

逆に、何でもいいから動いてみれば、「何か」は必ず変わります。
何がいつ役に立つか、どんな出会いに繋がるかはわからないけれど、何かしらの変化は、必ず起こる。

カールのドタバタを楽しみながら、そんなことを実感したのでした。
今でも、定期的に観返したくなる映画のうちの1本です。
「出会いがない」「毎日に変化がない」と思っているあなたには、ぜひ一度観てもらいたいです!

 

いかがでしたか?
出会いがほしいけれど、転職でもしない限り生活に変化はないし……と、嘆いているあなた。
これを読んで、そんなことはないって、ちょっとでも思ってもらえたでしょうか。

しかも、そのためにやるべきことは、そんなに難しくはありません。
「外へ出る」、ただこれだけです。

自分が好きなところへ、とにかく行ってみる。これだけ。
そうすれば、葉脈のように繋がった人脈のどこかにいるあなたの運命の人と、巡り合うことができますよ。

さあ、これ以上、繋がりの先にいる、運命の彼を待たせてはいけません。
まずは、外へ出てみましょう!
さて、その先はどうなるか……どうぞお楽しみに☆

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】デリケートゾーンケアには…
ah

デリケートゾーンを清潔に保つ、デリケートゾーン専用石けん。
ローズの香りで癒されながらケアできちゃいます♡
黒ずみにも効果あり!

ABOUTこの記事をかいた人

大塚りの

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!