モテすぎ注意!誰もがあなたに話したくなる「聞き方」のポイント3つ

From:大塚りの

毎日何気なく交わしている「会話」。
ほとんど無意識にしている人が、大半ですよね。

でも。
いえ、だからこそ!

ほんのちょっと気を付けるだけで、周囲の人と、大きな差がつくんです。

特に重要なのは、「聞き方」。
実はみんな、心の奥では「自分の話を聞いてほしい」と思っているから、「聞き方」が上手な人は、とてもモテます!

「知ってる。『聞き方』って、頷いたり、あいづちを打ったりするんでしょ?」
はい、それも正解です。
でも、それだけじゃありません。

今回は、頷きやあいづちよりももっと進んだ「聞き方」のコツを3つ、伝授いたしますね。
知らない人の一歩も二歩も先を行く、「聞く」技術、ぜひお試しください!

1.さえぎらない

そんなの当然じゃん!と思いましたか?
でもこれ、意識していないと、意外とできていないものなんです。
相手の話を先読みして、まだ話している途中なのに「それってこうだよね?」と押し付けてしまう。

そんな失礼なこと……と思うかもしれませんが、案外、ついついやってしまっています。

「箱根に旅行に行ってきたんだけどさ」
「そうなの?楽しかった?」

普通に感じますよね?
でもこれは、ダメな例。

「だけどさ」と相手が言う以上、何らかの続きがあるはずなんです。
ですから、「~だ」「~です」と文章が完結するまで、しっかり待ちましょう。
(このとき頷きを使うのはいいですね)

「箱根に旅行に行ってきたんだけどさ」
(うんうん)
「思ったより寒かったよ」
「そうなんだ」

これならOK。

さっきの例では「楽しかったかどうか」を先に尋ねてしまったので、相手は「寒かった」という「伝えたかったこと」を、言えなくなってしまいました。

が、こうやって「最後まできちんと待つ」ことで、相手は自分の話したいことを全部話すことができます。

本当にちょっとしたことなので、ハッキリとは気付かれないかもしれません。
でもずっと続けていると、話していて「あれ、この子と話すとなんとなく気分がいいな」と、相手に感じてもらうことができるんです。

2.オウム返し

ファストフード店で働いたことのある人はいますか?
私は、マクドナルドでアルバイトをしていたことがあります。
そのとき、「お客様のオーダーを聞いたらまず復唱しなさい」と、最初に習いました。

「ビックマックセット」
「ビックマックセットがおひとつ」
という具合です。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

大塚りの

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!