モテすぎ注意!誰もがあなたに話したくなる「聞き方」のポイント3つ

From:大塚りの

毎日何気なく交わしている「会話」。
ほとんど無意識にしている人が、大半ですよね。

でも。
いえ、だからこそ!

ほんのちょっと気を付けるだけで、周囲の人と、大きな差がつくんです。

特に重要なのは、「聞き方」。
実はみんな、心の奥では「自分の話を聞いてほしい」と思っているから、「聞き方」が上手な人は、とてもモテます!

「知ってる。『聞き方』って、頷いたり、あいづちを打ったりするんでしょ?」
はい、それも正解です。
でも、それだけじゃありません。

今回は、頷きやあいづちよりももっと進んだ「聞き方」のコツを3つ、伝授いたしますね。
知らない人の一歩も二歩も先を行く、「聞く」技術、ぜひお試しください!

1.さえぎらない

そんなの当然じゃん!と思いましたか?
でもこれ、意識していないと、意外とできていないものなんです。
相手の話を先読みして、まだ話している途中なのに「それってこうだよね?」と押し付けてしまう。

そんな失礼なこと……と思うかもしれませんが、案外、ついついやってしまっています。

「箱根に旅行に行ってきたんだけどさ」
「そうなの?楽しかった?」

普通に感じますよね?
でもこれは、ダメな例。

「だけどさ」と相手が言う以上、何らかの続きがあるはずなんです。
ですから、「~だ」「~です」と文章が完結するまで、しっかり待ちましょう。
(このとき頷きを使うのはいいですね)

「箱根に旅行に行ってきたんだけどさ」
(うんうん)
「思ったより寒かったよ」
「そうなんだ」

これならOK。

さっきの例では「楽しかったかどうか」を先に尋ねてしまったので、相手は「寒かった」という「伝えたかったこと」を、言えなくなってしまいました。

が、こうやって「最後まできちんと待つ」ことで、相手は自分の話したいことを全部話すことができます。

本当にちょっとしたことなので、ハッキリとは気付かれないかもしれません。
でもずっと続けていると、話していて「あれ、この子と話すとなんとなく気分がいいな」と、相手に感じてもらうことができるんです。

2.オウム返し

ファストフード店で働いたことのある人はいますか?
私は、マクドナルドでアルバイトをしていたことがあります。
そのとき、「お客様のオーダーを聞いたらまず復唱しなさい」と、最初に習いました。

「ビックマックセット」
「ビックマックセットがおひとつ」
という具合です。

そうすることで、お客様は、「ちゃんとオーダーが通っている」と安心するから。
逆に、たとえば返事が「はい」だけだと、最後にまとめて復唱されるまで、お客様は不安な気持ちのままでいなくてはいけません。

これって実は、普段の会話でも同じこと。
相手の言うことを同じように繰り返すことで、相手に「ちゃんと聞いていますよ」という、意思表示と確認ができるんです。

「箱根に旅行に行ったんだけどさ、思ったより寒かったよ」
「へえ、箱根寒かったんだ」
こんな感じ。

「オウム返し」って、会話がくどくなるんじゃ、とちょっと心配でしたか?
でも、これならそうでもないですよね。

もちろん、相手の話すこと全ての言葉尻をとらえて繰り返すのは、やりすぎです。
でも、「へえ」「そうなんだ」「ふうん」などあいづちを打つだけでなく、要所要所でオウム返しを入れてあげる。

そうすることで、相手は「自分の話をちゃんと聞いてもらえている」と感じて、ますます気分よく話を続けられるようになるのです。

3.質問をする

相手の話をさえぎらないのが大事、とは言いましたが、だからといって、ずうっと「聞く」一方でいなくてはならない、というわけではありません。
ときどき、相手に質問をしてあげましょう。

そうすることで、相手の話を整理して、より話しやすくさせてあげることができます。
そして何より、「あなたの話に興味がありますよ、もっと聞きたいですよ」っていう気持ちを、表すことができるんです!

使い方は、とっても簡単。

「箱根に旅行に行ったんだけど、思ったより寒かったよ」
「そうなの?どれくらい寒かったの?」

という感じで、相手の話の中から一部分をピックアップして、内容をさらに掘り下げる質問をするだけです。
それに対する返事の仕方を見て、相手がその部分をもっと話したがっているな、と感じたら、どんどん質問していきます。

そうすると、相手は、話したいことをたくさん話せて満足します。
逆に、質問してもあんまりいい返事じゃなかった場合は、そこはスルーで、オウム返しをしつつ次の質問の機会を待つ、というふうにすればいいんです。

そうしていると、「この子、オレの話に興味あるんだ!喜んで聞いてくれている!」と思って、うれしくなって、相手がますますあなたにいろんな話をしたくなる、というわけです。

いかがでしたか?
どれもちょっとしたこと、普通にできそうなことですが、普段意識していなければ、案外やっていませんよね。

なので、この「ちょっとしたこと」を取り入れていけば、「聞き上手な人」として、モテるようになるんです!

そして、お気付きかもしれませんが、実はこれ、恋愛以外の場面でも使える、とってもオールマイティな技。
友達や職場の人との人間関係にも、絶大な効果アリ!なので、ぜひ使ってみてくださいね。

ただ、ちょっとだけ気をつけなくちゃいけないのが……、
苦手な男子にはあまり使わない方がいい、ということ。
この「聞き方」をしていると、相手に好かれてしまうので、ちょっと面倒なことになっちゃいます(笑)。

やっぱりここは、今気になっているイチオシの彼に効果的に使って、あなたを「特別な女の子」と思わせちゃいましょう!
他の子とは差がつくとっておきの「聞き方」のコツ、上手に使ってくださいね☆

♥こちらの記事もおすすめ♥

彼の欲望に火をつける♡

44b152e63fa75df97bce0000c93625ec

唇に塗るだけで、彼と一線を越えちゃう!?
彼が唇を奪いたくなる、キス専用美容液で彼を虜にしちゃってくださいね♡

>>キス専用美容液ヌレヌレはコチラから

大塚りのライター名: 大塚りの 他の記事を読む (19件)

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!







シェアする