【衝撃】セフレと不倫、ついついハマる女子の特徴は、同じだった!!

From:大塚りの

「セフレがいる女子」と聞くと、どんなイメージが浮かびますか?

セクシーでフェロモン全開、数々の男性と関係を持つセックス上手……
たとえば、峰不二子のような女性。
(実際は、不二子ちゃんは簡単にはヤラせなそうですが(笑))

一方、「不倫女子」=「愛人」のイメージは?
物静かな大和なでしこ、男性の家庭は決して壊さず、静かにじっと耐え、ただひたすら待つ……

壇蜜さんのような女性が「愛人」イメージの代表格でしょうか。
(失礼だったらすみません壇蜜さん)

というわけで、この二者のイメージは、全くかけ離れていますよね。

でも実は。
マンガやドラマではなく、現実に存在する「リアルセフレ女子」「リアル不倫女子」は、そんなんじゃないんです。

不二子ちゃんでも壇蜜さんでもなく、ごくごく普通。
しかも、この二つの恋愛パターンにハマる女子には、なんと同じ特徴があったのです!!

今からご紹介しますので、

「自分はあてはまっていないかな……」
「友達の○○ちゃんが、たしかにそうだ!」

など、楽しんで読んでみてくださいね。

1.自己評価が低い

これは「自己評価が低い人がセフレ/愛人になる」のか、「セフレ/愛人でいるから自己評価が低くなる」のか、ニワトリが先か卵が先か、みたいなところがありますが……。

いずれにせよ、「本命彼女ではない」という状態を受け入れてしまう女子って、自分自身どこかで「自分は、本命にするには何かが足りない女なんだ」と、考えてしまっているんですよね。

自信がある人なら、「自分は彼の1番になる価値がある」って思っているから、「なんでカラダだけなの、ちゃんと付き合って!」「奥さんの次、2番目とかあり得ない」って、セフレ状態や不倫なんて不公平な関係は、そうなる前に回避できる。

「この私を、そんな粗末な扱いしないでよ」って、正しく主張できるんですね。

でも、自己評価の低い人は、

「私程度なら、ちゃんとした彼女にしてもらえなくてもしょうがない……」
「たまにでも、会ってもらえるだけいい……」
「私なんか、奥さんにはかなわなくて当たり前……」

と、フェアじゃない関係を、甘んじて受け入れてしまいます。
自分程度の女には、本命なんて図々しい、これくらいでちょうどなんだ、と思い込んでしまっているんですね。

だから、実際に魅力的かどうかとは関係なく、「自分のことを魅力的だと思っていない人」=「自己評価の低い人」が、つい、セフレ状態や不倫に陥ってしまう。

なんでこんな素敵な人が……っていうセフレ女子/不倫女子ってけっこういますが、それはみんな、その「自分の素敵さ」に気づいていない。
あるいは認めていない、すごく残念でもったいない人たちなんです。

2.真面目ないい子

セフレと不倫に、共通して言えること。
それは、男性の側は、「周囲にバレたら困る」ということです。

不倫の場合は言うまでもないことですが、セフレにしても、いざ本命ができた場合、「セフレがいる」というのは、どうにもイメージが悪いです。

だから、本命ができたらすぐに切れるよう、セフレの存在は隠しておかなくてはならない。
というわけで、セフレ/愛人にする女性の絶対条件として、「口が堅い」ことは、何よりも重要です。

そういう意味では、「セックスが上手」「セクシー」「遊んでいそう」なタイプより、むしろ、「真面目ないい子ちゃんタイプ」の方が、セフレ/不倫を求める男性のターゲットになりやすいんです。

人の迷惑をまず考えるようなタイプの「いい子」は、急に奥さんを訪ねて行くこともないし、彼が嫌がるなら、彼の友達や他の人の前に出ようとはしません。

男性を困らせることなく、生活をおびやかすこともないので、安心してセフレ/愛人という中途半端な立場に置いておけるんですね。
「愛人」はともかく、「セフレ」というと、なんだか遊んでいそう、というイメージがあったかもしれませんが、実際は、そうじゃありません。

彼氏なんてずっといないし……みたいな優等生タイプの子の方が、セフレ状態や不倫に陥りやすかったりするんです。

3.浮気性

今「真面目ないい子ちゃん」と言ったばかりなのに、「えっ!?」と思いましたか?
意外ですよね。
でも、実際そうなんです……。

どういうことか、ご説明しますね。

「ちゃんとした本命彼女じゃない」ということは、「常に100%満たされてはいない」ということです。
連絡をとってはいけない時間帯や曜日があったり、自由に「会いたい」と言ってはいけなかったり、そもそも重くなるから「好き」とすら伝えられなかったり……。

何かしら、いつも、満たされない想いを抱えています。
では、その分をどうするか。
仕方がないので、数で補おうとするのです。

そう、妻子持ちのAさん50%+セフレのBくん50%で、ようやく100%になる、というわけです。

二股をかけていることに罪悪感がないわけではないけれど、相手だって自分を100%本命にしてくれていないんだから、悪いことはしていない。
自分だって100%相手に気持ちや労力を注がなくてもいいじゃないか、と、自分の中で折り合いをつけることもできてしまいます。

それに、セフレや不倫なんて不安定な関係、いつ突然終わりがきてもおかしくありません。
その場合、ひとりいなくなったからといって、ゼロになってしまう、一人きりになってしまうのは、ものすごく怖い。
だから、別の人で保険をかけておく、という意味もあります。

複数人と同時に関係を持ってしまう=臆病だから、とも言えるわけです。
もちろん、それを責めることはできないし、だから彼女が「悪い女」かと言ったら、そうではありません。
きちんと付き合ってくれていない相手に対して、操を立てる必要はありませんからね。

だから本当は「浮気」という言い方さえ正しくないのですが、すみません、わかりやすいので、見出しでは使ってしまいました。
実際の意味は、「複数の人と同時に付き合える」、ということです。

以上3点、いかがでしたか?

いろいろ書きましたが、よくよく考えてみれば結局「セフレ女子」も「不倫女子」も、男性にとってただの「都合のいい女」という意味では、全く同じ。
似通っていて当然ですよね。

そして、そんな「都合のいい女」扱いが、心底幸せか、と考えると……??

今回これを読んで、

「自分はこの特徴、ハマってしまっている!」
「そうそう、わかるわかる!」

と、思い当ってしまったあなた。
今気付いたならば、全然遅くはありません。
1日も早くこのパターンから脱却して、本当の幸せを掴んでくださいね☆

♥こちらの記事もおすすめ♥

<PR> 無料占いキャンペーン♡

彼は私の運命の人?この恋の行方は?
私の結婚はいつになるの??
女性限定!
恋愛の悩みは全てここで解決♪
今なら無料であなただけの運命を鑑定します♡
自分だけの占い結果をもらって、素敵な恋愛をしてください♡
muryoshindan

大塚りのライター名: 大塚りの 他の記事を読む (19件)

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!







シェアする