接点の少ない彼へのアプローチ方法は?/沖田涼の恋愛ブス救済所

オーバーレイ

From:沖田涼

ごめん!申し訳ない!!

今日はいきなりの謝罪から入ります。
どーも。沖田涼です。

何の謝罪かと言いうと、
実はここ2週間ほどの間、恋愛ブス救済所に送られてくる相談がシステムエラーで届いてなかったという事実が発覚しました。

そう、悪いのは全てシステムです。
なのに代わりに謝る沖田の懐の深さを感じてください(笑)

そして、今月相談送ってきてくれた子が居たらもう一度送信プリーズ。

ここから恋愛相談の投稿できます。

では、
今日の恋愛ブス救済所いってみましょー!

接点の少ない彼への
アプローチ方法は?

相談者:瞳さん(35歳・北海道)

こんにちは。

早速ですが… 私は2年前に死んでしまいたくなる程の失恋をしました。
心も身体も傷付き、それからは人を好きになる事さえ出来なかったのですが、7月から3ヶ月間官公庁の臨時職員として働いてた時に、同じ課の男性(6歳年下で、彼は私の歳は知りません)が気になりました。

ちなみに私は35歳ですが、20代に間違われます…。

それまでは、自分から何か参加することはなかったのですが、一度だけ課のイベントに参加してみました。
ほとんど気になる彼と交流はなかったけど、彼の印象に残ればいいかなと思って。

仕事中も席がかなり離れていたり、周りの目もあったので、個人的に話したりということは無い状態で、気付いたら好きになっていました…
笑顔を絶さず、微々たるもんですが自分なりにアピール?してみました。

そのうちよく目が合うようになった気が…彼の方から挨拶してくれるようになったりと一喜一憂の日々でした。
期間延長の話もあったのですが、職業訓練に行くことになり、9月いっぱいで
辞めました。
最後の退社する時に、流れ作業ではなくちゃんと私の目を見て挨拶してくれました!

後悔したくないので、辞める前に告白しようと思ったのですが、タイミングが合わず…
最悪手紙で伝えようと思ったのですが、周りの目があり渡せませんでした。
それでも諦められなかったので、送別会に来てくれた子に手紙を渡してもらうよう頼み、渡してもらいました!

内容はだいたい『3ヶ月間ありがとうございました。もうひとつ伝えたいことがあります。気になっているうちにいつの間にか好きになってました!好きです、付き合って下さい!突然のお手紙ごめんなさい。お仕事頑張ってください!』と…。

連絡先を書くのを忘れました(何人かは連絡先知ってます)。
なので、返事もありません…。

別の用事で課を訪れた時、顔を合わせる事もなく彼はいつの間にかどこかに行ってしまいました。
避けられているのでしょうか?

そして来週、その課のイベントに参加する予定です…彼も来るかもしれません。
仲良くなれるなら、なりたいのですが…今までみたいに会えないのが一番ツライです!

期待しないほうがいいのかな?
私、どう思われてるんでしょう?
このまま返事を待ってても
いいのでしょうか?
イベントで彼に会ったら、どうしたらいいのでしょうか?

こういった状況の男性心理など教えて欲しいです!!

==========

沖田涼の回答

A:

妄想の中で空回りしてますね(笑)
中学生の時ってこういう子多かったなーと思いながら読みました。

もういい年なわけだし、現実をちゃんと見ることが第一歩。
妄想は膨らませすぎるとただの”イタい子”にしかなりません。

そして、当然のごとくイタい子は
モテません(笑)

一刻も早く、そのイタさを早く無くして、ちゃんと恋愛してほしいので今日からココロを入れ替えてがんばりましょうね。

じゃあ、しっかりと現実を見たアドバイスをしていこう。

彼から見た自分

まず一つ質問です。

「彼に、瞳さんってどんな人か聞いたらなんて答えが返ってくると思う?」

仕事を真面目に頑張ってる子?
元気で明るい子?
優しくて気が利く子?
礼儀正しい清楚な子?

はい、考えましたか?

じゃあ答えを発表しましょう。
彼からの答えは単純に

「よく知らないです。ただの同僚なので」

です。
どうでしょう?当たった?
当たってたら素晴らしいです褒めてあげよう。

そうなんですよ。
彼からしてみれば何も知らないただ同じ職場に居た人ってだけ。
それ以上でもそれ以下でもない。

すげーポジティブに捉えるのであれば、悪く捉えられては居ないってところかな。

たぶん、瞳さんが言うアピールは、アピールじゃないです。
アピールになってない。

笑顔を絶やさずって、良いことだけど別に彼へのアピールではない。
彼が元々、瞳さんのことを気にかけていたなら印象アップするだろうけど。

時々目があうのは、瞳さんが彼を目で追ってたから。
追いすぎて視線に気づかれたのでしょう。

彼と会話したり、何かしら交流があったのであれば印象は違うのかもしれません。
だけど、この感じだと交流もなかったんだよね?

言ってしまえば「見てただけ」なわけだから。
それでアピールしようだなんて、瞳さん念力使いですか?笑

告白された彼の心情

そんな「よく知らない」人から告白された彼。
一体どう思うでしょう?

多分、それも想像できてないよね?

じゃあ、沖田の体験談を絡めて彼の気持ちを表現してあげましょう。
これは沖田が高校生の時の話です。

当時、高校まで電車通学でした。
決まった時間に決まった車両に乗り、通う毎日。

そんなある日のこと。
いつも通りホームで電車を待っていると、突然、知らない他校の女に声をかけられて紙を渡されました。

「ん?なに?」

もしやと思いつつ開くと、そこにはこう書いてあった。

「よかったらメールください!
red-zonexxxx@xxxx.xx.xx」

きっとその子は、この紙を渡すのに多大な勇気が必要だったことでしょう。
何日も前から、悩んで悩んで心に決めて渡してくれたのでしょう。

その勇気は認めてあげよう。

だけど沖田は連絡しませんでした。
当然です。知らない女だし。
あっという間だったから顔もよく見てなかったし。

それにさ、メアドに「red-zone」って入ってるんだもん。
Janne Da Arc好きなのかな、とか思ったけどなんか危険そうだし。
ハニートラップだったら嫌だし。

そんなことを考えながら電車で30分ほど揺られてた沖田。
そこにあったのは無駄な心配だけでした。

状況は多少違えど、彼も同じ気持ちなわけ。
突然よく知らない女から手紙渡されて困惑しか無い。
しかも連絡先書いてないとか謎が深まるばかり。

接点の少ない彼への
効果的なアピール

瞳さんがやったアプローチは、彼の中で自分のことを意識させるっていう目的であれば成功です。
だって謎すぎるもん。

けど、2人の関係の進展には役立って
ないよね。
お礼の言葉だけで止めておいたほうが、よっぽど効果的でした。

2人の関係値の場合、以下の内容くらいにしておくのがちょうどいいです。

「3ヶ月間ありがとうございました!あまり話す機会は少なかったけど、ものすごく助かりました。職場の方々にもとてもお世話になったので、今度改めて皆さんでご飯でも行ければ…と思います。その時はよろしくお願いしますね。」

こんな感じで止めておいたほうが
印象いいでしょ。
最後に、さり気なく連絡先も載せておけば、あとは彼の判断に委ねてOK。

で、他の職場の人にも皆でご飯行きたいとか言っておけば、自然とセッティングも
されます。
キッカケ作りなんてこんなもんですよ。

それから、徐々に仲良くなっていけばいいわけです。

接点が少ない彼へのアプローチに大事なのは

・急接近しようと焦らないこと
・環境(周りの人とか)を上手く使うこと

この2点。
それをすっ飛ばしていきなり告白だなんて、進んで地雷原に飛び込んでるようなもの。
今回のことがいい勉強になったと思うので、今後に活かしてくださいな。

経験は多く積んだほうが良い

きっと今振り返ってみれば、
「何でこんなことしたんだろう?」
ってわかるかと思います。

だけど、それで良いんです。

確かに分けわからないことしてますが、別にそれは失敗でも何でもない。
この経験は発見です。

かの有名な発明王エジソンはこう言って
ます。

「失敗ではない。上手く行かない1万通りの方法を発見したのだ」

まさにこれ。
世の中で取り返しのつかないレベルの失敗ってのはそうそうないから。
どれも巻き返し効くレベルのものだし、そこから学んで次に活かせば問題ない。

特に恋愛なんて、これっていう正解がないんだから。

一番ダメなのは、その発見すらしないこと。
チャレンジしないこと。
失敗を恐れて現状維持を選ぶこと。

そう考えると、手紙で告白した瞳さんはすごいとも言える。
かなり勇気いることだし、それが出来るのは素晴らしい。

だからこそ、今回のことから学んでこの先も色々な”発見”をしながら、いい恋愛してください。

では、今日もありがとうございました!
沖田涼でした。

【連載過去記事はコチラ】

♥こちらの記事もおすすめ♥

沖田涼さんに恋愛の悩みを聞いて欲しい方、募集中!
「私も恋愛ブス救済所で相談したい!」というアナタはこちら
⇒沖田涼に恋愛相談

「個別で復縁相談したいです」という方はこちら
⇒『大人の復縁相談室』で沖田涼に相談

【PR】イイ女になるための近道♡
ah

自分のカラダに自信がもてる秘密のケアで、もっと大胆なエッチを♡
積極的なエッチに彼もメロメロ!?
彼を“その気”にさせちゃう官能的な香りも人気です。

沖田 涼ライター名: 沖田 涼 他の記事を読む (78件)

ツンデレ系アラサーライター。 元ホストとして経験した数々の女性トラブル(笑)から学んだ事を活かし、“鋭い切り口”で書く記事に女性ファンからの熱い支持を受ける。 「自分磨きしても男にモテないなら意味なし!」をモットーに男性ならではの視点で「イイ女とブスの違い」「男のホンネ」「男が望む理想のオンナ」を説く。







シェアする

▼あなたにオススメの記事
▼あなたにオススメの記事▼