SEX交渉あり、子宮頸がんになる可能性あり

子宮頸がんは、SEXをしたことのある女性なら誰でも可能性のある病気です。
女性特有のがんの中では乳がんに次いで第二位の割合を占めており、
20~30代の女性においては発症するがんの中で第一位となっているほど、身近ながんなのです。

子宮頸がんの原因は他のがんと異なり、その原因が解明されています。
それは…

ほぼ100%がヒトパピローマウイルス(HPV)というウイルスの感染。

この発がん性HPVは、皮膚と皮膚(粘膜)の接触によって感染するウイルスで、
多くの場合、性交渉によって感染すると考えられています。
HPVは、すべての女性の約80%が一生に一度は感染している
と報告があるほどとてもありふれたウイルスなのです。

ただ、感染しても90%以上は体内から自然消失するため、
子宮頸がんに進展するのはごくわずか。

しかし油断は禁物です。

なぜなら、初期の子宮頸がんには全く症状が出ないことがほとんどのため、
自分では気付けないのです。
子宮頸がんはウイルスが進行してがんになるまで通常数年~十数年と長い時間がかかりますが、

・不正出血
・おりものの増加
・性交のときの出血

これらの症状に気付いたときにはがんが進行している可能性が高いのです。
がんが進行していると子宮をすべて摘出する手術が必要になることもあり、
妊娠、出産の可能性を失い、女性にとって心身ともに大きな負担となります。

また、まわりの臓器にがんが広がっている場合には、
子宮だけではなく、そのまわりの卵巣やリンパ節など
まわりの臓器もいっしょに摘出しなければならなくなり、命にかかわることもあります。

しかし子宮頸がんは予防できるがんです。
まずは検診を受けましょう。
定期的に検診を受けることで、前がん病変(がんになる前の状態のこと)を発見することができます。

コンドームをつければ十分?
いいえ、違います。

ウイルスの子宮頸部への感染は、外陰部における粘膜と粘膜の接触により起こります。
コンドームは外陰部全てを守ることはできないため、
コンドームをつけただけでは子宮頸がんを防ぐことはできないのです。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】セックスの前にケア♡
ah

自分のカラダに自信がもてる秘密のケアで、もっと大胆なエッチを♡
積極的なエッチに彼もメロメロ!?
彼を“その気”にさせちゃう官能的な香りも人気です。