彼氏が風俗に行ったらしく、性病が心配です。

彼氏が風俗に行った場合、性病に感染する可能性はある?

「彼氏が風俗に行った」と聞いたら、多くの女性はショックを受けると思います。
浮気だと感じる方もいるでしょうし、彼氏が自分以外の女性と…と考えると怒りや悲しみが湧いてきますよね。

ですが、感情以上に深刻な問題があります。
それは、性病の問題です。

このコラムでは、彼氏が風俗に行ったらどうなるのか?
風俗と性病の関係についてお話します。

風俗に性病はつきもの

「性病検査を義務づけています」と謳って安全性を謳っている風俗店の方が多いですが、実際は義務化とは名ばかりの風俗店がほとんどのようです。
口頭で「行ってくださいねー」と言われる程度で、実際に検査に行くのは本当に気を付けている風俗嬢のみ。

義務とはいっても風俗嬢が自分でその費用を負担しなくてはならないことも多いため、わざわざ自分から行く風俗嬢は少ないのです。

そもそも風俗嬢は何かしら経済的な事情を抱えて風俗店で働く女性が多いため、性病検査に行くくらいならそのお金を回したい、という場合が多いようです。

中には本当に性病検査を行っている風俗店もありますが、それを見極めるのは無謀だといってもいいでしょう。

不特定多数の人が集まる場所

仮に風俗店側でしっかり検査を義務づけていたとしても、客の方が性病を持っている場合もあります。
性病の種類にもよりますが、見た目には分からない性病もたくさんあります。

あなたの彼氏も、過去に一度でも風俗に行ったことがあるなら性病を持っている可能性は大いにあります。

風俗で移される可能性のある性病

淋病

風俗で最も移されやすい性病の一つです。
その理由は、オーラルセックス(フェラチオやクンニ)で感染するからです。

基本的には風俗店では本番のセックス(挿入)は禁止されていますので、こういったオーラルセックスが主流。
そのため、風俗で移される可能性が最も高い性病と言われているのです。

女性の喉についていた淋病の菌が男性器につくと感染します。

男性が感染した場合、尿道に膿ができ排尿時に強い痛みが伴うのですぐに感染に気付く人が多いです。

ヘルペス(口唇・性器)

性行為で移ることが多いヘルペス。
(性行為以外でも発症することがあります)

口唇ヘルペスをもったままオーラルセックスをして性器に触れるとそこから性器ヘルペスとして感染することもあります。

感染していても発症しない場合もあり、自分が感染していることに気づかないまま他人に移してしまうことも多い病気です。

発症した箇所は赤くブツブツとしたできものができ、痒みや痛みを伴います。

クラミジア

感染者の数が非常に多いことで知られています。
日本人の中では最も多くの人が感染する性病です。

性行為・オーラルセックスで感染するので風俗店で感染する可能性も非常に高いです。

尖圭コンジローマ

性行為によって感染する可能性のある性病で、発症すると性器にカリフラワー状のイボができます。
自覚症状はほとんどないおうですが、痛みや痒みを感じる人もいるようです。

トリコモナス

これも主に性行為によって感染する性病です。
男性が感染すると尿道に膿ができて排尿時に痛みます。

女性の場合は悪臭のするおりものが出たり、性器に痛みや痒みが出ます。

感染していても症状が出なかったり気付かない人も多く、知らない間に感染を拡げてしまう性病です。

彼氏が性病になったら、すぐに検査

性病の種類にもよりますが、男性には症状が出ないのに女性にだけ症状が出るものもあります。
心当たりがないのに性病にかかった場合、まずは彼氏を疑うべきですね。

性病=風俗とは直結していませんし、病気には潜伏期間もあるので一概には言えませんが、健康な男女がセックスして性病にかかることは滅多にありません。

どちらか一方が保菌していると、セックスのたびに菌を移しあってしまうためなかなか治療することができません。
性病にかかったら彼氏と二人で一緒に治療することが大切です。

♥こちらの記事もおすすめ♥