女性のお悩み「膣でのイキ方が分からない」

女性の多くが、誰にも言えずに人知れず悩んでいる「膣でのイキ方が分からない」という問題。
俗に言う「中イキ」のことでもあります。

「最近太ったんだ~」
「ニキビできちゃって…」

ダイエットやニキビも女性の悩みではありますが、性に関するこういった悩みはなかなか友達や家族にも相談できませんし、一人で悩みを抱え込んでいるという女性はとても多いそうです。

女性のオーガズム経験率は80%

ある調査によると、セックスやオナニーでイったことのある女性はなんと80%以上。
ですが、そのほとんどがクリトリスを刺激することで絶頂に達するものだそうです。
膣イキ経験がある人の方が少ないという結果に。

あなたはどうですか?

男性には分からない

女性のオーガズムははっきり言って男性には分かりません。
男性の射精は目に見えて分かりますが、女性はそうではないからです。
(潮を吹く女性もいますが、潮を吹く=イクではありません)

「セックスのとき、彼氏に『イった?』と聞かれて思わずうんと言ってしまった…」
「今更セックスでイったことがないと
言えない」
「私を膣イキさせようと頑張ってくれるけど、イケずに申し訳ない気持ちになる」

このように悩んでいる女性も多くいます。
男性の方も、自分だけでなく女性にも気持ちよくなってほしい!と思う人が大半。
でもイったかどうか分かりづらいので、不安になってしまうんですよね。

イキ方に違いはある?

クリトリスでイクのと膣でイクのと、感覚に違いがある?という質問をよくされますが、違います。

個人差もありますし感じ方は人それぞれなので一概には言えませんが、膣でイク方が“より深く”感じます。
子宮全体が痙攣するようなイメージ
でしょうか。
時間も膣でイク方が長い、という人も多いそうです。

膣でのイキ方

では、実際にどうすれば膣でイけるようになるのでしょうか。
大事なポイントは、時間をかけることです。
まずはオナニーでイけるようになってみましょう。

①思いっきりエッチな気持ちになる

女性はその時の気持ちによって感じ方が大きく変わります。
これはセックスも同じことで、気持ちが乗っていないときのセックスは普段よりも快感が劣ります。

少し刺激を与えれば快感を得られるクリトリスと違って、膣は十分に潤って膣内が充血していないと快感を得られません。

官能小説やAV、エッチな漫画、妄想などなんでもいいので自分の好みに合わせて「オカズ」を準備!
気持ちを盛り上げましょう。

②クリトリスでイク寸前まで刺激

膣だけでの刺激では、最初はイキづらいかもしれません。
そこでおすすめなのが、クリトリスでイク寸前まで刺激していつでもイケるように準備しておくこと。
こうすると、膣でもイキやすくなります。

③Gスポットがイキやすい

膣の中にはいくつか感じるポイントがあるのですが、最も感じやすいのはGスポットです。
膣の上部を全体的に刺激するのがいいと思います。

まずは指1本を挿入し、刺激を感じるポイントを探します。
(※必ず膣が濡れた状態で)
慣れてきたら2本に増やしてみましょう!

膣イキには訓練が必要

最初は気持ちいいポイントが分かり難いかもしれませんが、少しずつ開発していくイメージでがんばりましょう!
ローターなど道具を使うのも一つの方法かもしれません。

膣でイケるようになるともっと彼とのセックスが気持ちよくなりますから、ぜひ膣イキに挑戦してみてくださいね。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥