年相応に見られていますか?

実年齢よりも若く見られたり、大人っぽく見られる女性がここ最近増えていますよね。

「美魔女」や「大人女子高生」などと例えはさまざまありますが、反対に「童顔」や「老け顔」といった年相応に見られない言葉も存在します。

大人になると実年齢よりも若く見られることでうれしく感じますが、その逆はあまりうれしい気持ちにはなりにくいものです。

思春期ともなれば、「大人っぽく見られたい!」といった気持ちが強くなり、逆に子供っぽい印象は自分にとってマイナスイメージだと感じる人も少なくないでしょう。

【アナタは年相応に見られていますか?】

「私なんて・・・」と、思ってしまっていては何も変わりません。
自分から行動することによって、相手の反応も大きく変わるのです。

実年齢より下に見られる場合

実年齢よりも下に見られるということは、幼さや若い印象を周りに感じさせてしまっている、ということです。
そこで、必要になってくるのが年相応の生き方を楽しむということ。

たとえば、30代の女性が気になっている男性から「20代に見えますね!」と言われたとします。

実年齢よりも下に見られることは、とてもうれしいですが若く見られるよりも

『○○さんは大人っぽくて素敵ですね。』

と、年相応に見られた方が美しく見えませんか?

綺麗な女性=若さだけとは限りません。

大人の女性だからこそ出せるオーラというものですね。

実年齢より上に見られる場合

実年齢よりも上に見られる、主な原因は意識の違いと言われています。

「自分は老けて見える」

同年代なのに年上に見られるといった経験などがあり、老けて見えると自分で思い込んでしまうのも原因の一つなのです。

特に、女性はストレスなどでホルモンバランスが崩れ、シミやシワなどが増えやすくなります。

自分自身が老けて見えると考えれば考えるほど、肌にダメージを与えてしまい、人の印象を大きく左右する顔に影響を及ぼしてしまうのです。

まずは、意識の改革から始めましょう。
あなたが目指したい、同年代の女性をイメージして

「どうしたら憧れの女性に近づけるのか?」

を考えて実際に行動してみてください。
その考え方がプラスに働き、周りのアナタに対する印象も変わってくるはずですよ。

自分の年代に合わせた雑誌を読んで、流行を押さえるのも良いでしょう。
ただ流行っているだけで取り入れるのではなく、自分の年齢に合わせた流行を取り入れることで、年相応に見られやすくなります。