【○×クイズ】Tバックを履けばデリケートゾーンは黒ずまない?


この記事は9月17日に書かれました。

Tバックとデリケートゾーンの関係とは…

From:mi-ko

こんにちは~mi-koです(^_^)/
ついこないだまで夏真っ盛り!と思いきや、いっきに空気が冷たくなってきましたね…
これではお肌もジメジメどんよりに‥!

特にデリケートゾーンはムレやすいですから、みなさん気になっているのでは!?
いざというときにデリケートゾーンから悶々としたオーラが出てたら嫌ですよね!?

そんなときはTバックでもはいて開放的になりたいところ‥( *´艸`)

>>デリケートゾーンのムレをなんとかしたい方はコチラ

だけど、そもそも、みなさんはTバックをはくことってありますか?
日本人は敬遠しがちですが、欧米などではもっとメジャーですし、かわいいデザインのTバックがたくさん売られています。
ちょっと試してみたいけど、はいたことがないからなんだか心配‥。

今回はそんなあなたのために、Tバックをはくことでどんな効果があるのか、Tバックのメリットとして一般的に言われていることがホント?!かどうか検証してみたので、これからの下着選びの参考にしてみてください!

Tバックで血行が良くなるってホント?

答えはまあまあホント。
正確に言うと「(ふつうのショーツに比べて)血行を悪くしにくいかも」ということになりますね。

ふつうのショーツですと、脚の付け根(=鼠径部そけいぶ)にショーツのゴムが食い込んだり、骨盤や腸管周囲の部分もゴムで締め付けられます。

この「鼠径部」の下には太い血管とリンパが流れています。
起きて活動しているときはいいですが、寝てリラックスするべき時間にそういった締め付けがあると、血流が悪くなり、むくみや不調の原因になったり、寝ても疲れが取れにくいといった現象がおこることがあります(´Д`)

↑鼠径部の位置

実際私も、この締め付けの感を知ってから、ふつうのショーツで夜寝られなくなってしまいました‥(´Д`)

ここで、締め付けが少ないTバックをはくことがオススメされます(たとえばストリングなど)!
他にも、何もはかない(笑)、ゴムが緩んだコットンやシルクなどの肌に優しい素材のショーツという選択肢もありますね(^_^)/

たとえば、自分一人の時はコットンショーツにして、彼と過ごすときはTバックにする、など使い分けてみるのも面白いと思います!

ただし、Tバックは線が細く食い込みやすいのも事実。
なので、紐っぽいものよりレースのものを優先する、サイズをしっかり確認してキツすぎないものをチョイスするなどしてからはきましょう。

ふつうのショーツでデリケートゾーンの黒ズミができやすいってホント?

これはホント。
ショーツをはいているだけで、デリケートゾーンが黒ずんでしまうなんて!!と衝撃ですよね!?

人間の皮膚はカラダを守るための反応として、メラニンを作ったり、角質が分厚くなったりします。
だから、刺激が多い部分は皮膚が厚くなりやすいし、日に当たるとメラニンが生成されて紫外線から体内をガードできるのです。

これと同様に、デリケートゾーンは常にショーツの摩擦を受けている状態‥。
だから角質も黒ズミもできやすいワケ。
でも、ショーツをはかずに出掛けるわけにはいかない!と思われる方がほとんどだと思います(笑)

では、Tバックを活用すれば黒ズミはできなくなるのでしょうか?
皮膚を覆う面積が少ないですから、その分摩擦も軽減できそうだから黒ズミもなくなりそう!?

これについては、残念ながら、医学的にあまりはっきりしたことは言えません(´Д`)
TバックはTバックで局所的に刺激したり擦れるので、黒ズミ対策の優先手段とは言い難いと思います。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

mi-ko

30代♀。1児の母と女医を辛うじて二役やってます。専門は麻酔、最近勉強中の分野はアンチエイジングです☆ 国際結婚3年目。 結婚1年目に夫婦喧嘩を機に一度別居するも、色々な方の助けを得ながらなんとか復縁。 やれやれと思ってつかの間に妊娠発覚! 2016年女児出産。(こちらも色々ありました…) 現在0歳(&旦那も!?)の育児と仕事に追われる忙しくも楽しい日々を奔走中…。 カラダの悩み、心の悩み、女の悩み… 私もまだまだ未熟者ですが、一緒に解決していきましょう!