モテに「美人」は関係ナシ!愛されの極意、伝授します♡


From:黒木ゆい

「私ね、ちょうどいいブスって言われてるの。」

男女のお笑いコンビ『相席スタート』が、こんなことを言っていました。

皆さん、この、「ちょうどいいブス」って何だか分かりますか!?
つまり、「美人とは言えないけどなぜか男が途切れない女。」

その心は、
(男性から見て)

「声をかけるには敷居が高いほど美人でもないし生理的に受け付けないほどブスってわけでもなくまぁ美人とは言えないけど愛嬌あるから好きになれるレベル」

の女子のことらしいです!

ちなみにこの方(左)です↓
相席スタート
(吉本のサイトからお借りしました。)

このネタを聞きながら私はある友人を思い出していました…。
30歳目前にして、ある日突然モテ期を迎えた、N子のことを…。
そして念願の彼氏をGETしてめでたく同棲中のN子。

N子がなぜ突然モテ期を迎えたのか…。
それはN子が、
「ある日突然、ブスからちょうどいいブスになった」
からなのです!!
(誤解がないように言っておくとN子本人が言ってたことです!)

もしこれを読んでいるあなたが「美人じゃない」なら、チャンスです!
あなたも「ちょうどいいブス」になりましょう!!

今日は私がN子から教わった、ブスから「モテるちょいブス」になる方法をご紹介します。

ちなみにN子は超めんどくさがり&みつ編みもできないほどの超絶不器用女子なので、絶対にあなたにもできることばっかりです!!

「ちょうどいいブス」の必要条件~見た目編~

【ちょいブスこそ…”髪”にお金をかけよ!】

男性に、「好きな女性の仕草は?」と、質問すると、

「髪をかきあげる」
「髪を耳にかける」
「アップした髪をほどいた時」

など、かなりの割合で『髪』に関する回答が返ってきますよね。

髪の毛って、本当に印象をすごく変えます。
実は私もナチュラルストパーを当てて髪をサラサラにしたら5割増しくらいでモテました(笑)

*美容院に行く頻度を増やす

*ヘアトリートメントを使う

*ドライヤーをナノドライヤーにする

など、髪に使うお金はケチるべからず!
髪をなびかせる
なびく髪で男性を誘惑しましょ♪

【ちょいブスも、「眉」をプロに任せれば一気に美人!!】

最近、ものまねメイクが流行ってますが、似せるために一番重要なのは実は「眉毛」なんだそう。

黒木は超絶めんどくさがり&不器用なので、正直眉毛はボサッとしておりました…。

さっそく私も自分での手入れを諦めて、眉カットをプロのメイクさんに任せたら、「モデルみたい!!」と大好評でした。
ヘアサロン代より高くない、だけど垢ぬけ度はダントツです!!!

モテるにはネイルアートを頑張るよりも、眉毛サロンに行くことをお勧めします♪
アイブロウ
めんどくさいことはプロに任せちゃいましょ…

【ちょいブスこそ…スキンケアには命をかけよ!】

たとえ美人ではなくも、「肌が綺麗」な女子の好感度はかなり高いです!
肌が汚い=生活態度が悪い、と連想されちゃいます。

逆に肌が綺麗だと、清楚・清純なイメージな上に、「触りたくなっちゃう」んだそうですよ♪
美肌
触らせてあげてもよろしくてよ?

外見に関する自分磨きについては、コイスルカラダのカラダカテゴリーの記事にも詳しく書かれているので、復習してみてくださいね~。

「ちょうどいいブス」の必要条件~内面編~
もあるのですが、それはまた別の機会に…♡

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】彼が興奮しちゃう唇に♡
44b152e63fa75df97bce0000c93625ec

彼がキスしたくなっちゃう不思議なリップグロス!
男性の本能を刺激するフェロモンの香りで、彼にいきなり押し倒されちゃうかも…♡

キス専用リップはコチラから

ABOUTこの記事をかいた人

黒木 ゆい

10代から整体師の道を進み、現在は心と体のカウンセラー。 元々は超ネガティブ女子。 ありのままの自分を好きになりたいけど、そんなの無理!というあなたへ。