「俺の彼女、名器!」彼を感動させる気持ちいいアソコになるメソッド


「俺の彼女の、気持ちいい」と
思わせたい♡

女性のアソコをよく「名器」などと言ったりしますが…
いわゆる「名器」とはどんなアソコのことを言うのでしょうか?
今日は気持ちいいアソコになって、彼に「名器!」と言わしめる方法をご紹介します♡

そもそも名器とは?

名器とは、一般的には男性がセックスで挿入したとき、男性が気持ちいいと感じる膣のこと。
感じ方は人それぞれですが…

  • ペニスに吸い付くような締まりのいい膣
  • 愛液が多くにゅるにゅる感が強い膣

などが名器とされ、俗に「かずのこ天井」「ミミズ千匹」「タコ壺」「俵締め」なんて呼ばれたりもします。

ある調査によると、「相手女性を名器だと感じたことがあるか?」という問いに対し「感じたことがある」と回答した男性は20.6%。

ほとんどの人が「経験したことない」と感じるほど、名器を持つ女性は稀な存在のようです。

名器をもつ女性とセックスすると、男性はその女性から離れられなくなるとも言われているので、女性なら誰もがこの「名器」に憧れるのではないでしょうか?

名器になるには?

膣そのものは臓器なので鍛えることはできませんが、膣の周辺の筋肉を鍛えることである程度トレーニングができます。

1.膣口をキュッと締める

膣口を締める感覚が分かりにくいという人は、お尻の穴を締めるイメージです。
1日5回×3セットやればOK!

電車やカフェで、夜寝る前など、気付いたときにできるのでぜひやってみてくださいね。

2.ヨガ

ヨガにはバンダと呼ばれる部分があり、「締める」というような意味があります。
いくつか種類があるのですが、特に「ムーラバンダ」は会陰部にあるとされ、骨盤底筋の引き締めに最適です。

ヨガをやっていると全体的な身体つきもしなやかになってくるので、セックスの際にも柔軟な動きが可能になったり、名器と呼ばれるような膣になることも可能かもしれません!

3.足首を引き締める

足首~骨盤にかけての筋肉は一続きとなっています。
足首の筋肉を柔らかくし、鍛えることでヒップアップや膣トレの効果があります。
かかとを上げる→下げるの動きは足首を鍛えるのに適しています。
歯磨きをしている間にやるのがおすすめです!

次のページへ▼▼