彼のことが好きなのに、濡れないし感じないのはなぜ…?

オーバーレイ

好きなのに…濡れない。

From:秋山春菜

突然ですが、好きでもない男と寝れますか?
一般的には、男の人は風俗に行ったり好きでもない相手とセックスしたりできるし、感じることもイクこともできるっていうのが事実。

わたしも一般的な男の人と同じで全然大丈夫です笑

そもそもセックスが好きな人であれば、問題なくできるんだと思うんですが、女って好きじゃない相手とセックスをしても感じない、って言いますよね。

でも、ごくごくまれに好きな相手なのにセックスをしても濡れないし感じない、、なんていう女性がいるんです。
その理由ってどんなものかご存知ですか?

今日は『彼のことが好きなのに濡れないし感じない理由』について5つの理由をご説明します!

1.緊張している

人間緊張していると、その場の状況に集中できないもの。

緊張のせいでカラダがリラックスしていないと、足や膣に力が入ってしまうので感じにくくなってしまうんです。

特に、初めて関係を持つときにはカラダを見られるだけでもドキドキするし、無意識のうちにカラダに力が入ってしまいますよね。

緊張は男性を満足させられない原因にもなるので、緊張をほぐすために電気を暗くしてみたり、行為に入る前に少し会話を楽しむのがオススメ♪

2.愛撫が的外れ

これは、マジでいますよね。
そういう男性に限って自分にはテクニックがあるって思ってることも多い!

しかも男性の方がセックスにナイーブだから、本音を言いにくいんですよね…

だけど、好きな人なのに感じることができないセックスを続けるなんて、耐えられなくないですか、、?

だからこそ、もし彼の愛撫に不満を感じているのであれば、しっかりと伝えるべきなんです。

もちろん、傷つけないように

「もっと○○してほしい」
「そこ、気持ちいい」

こんな風に具体的に要求することで男性のプライドを傷つけずに、関係を作っていきましょうね!

3.セックスをすることで支配されてしまうと感じている

セックスをすることで、普通のカップルよりも親密になりますよね。
同時に、相手に自分のすべてを見せることになります。

そのため、独占欲や支配欲の強い女性は、自分を守ろうとするあまり本当の自分にふたをしてしまい、濡れにくく、感じにくくなってしまうんです。

相手に優位に立たれることで、自分の存在価値や意味さえもなくなってしまうと感じることが原因なので、本音でぶつかれる相手と関係を持てるようになりましょうね!

4.セックスに否定的な考えがある

全員が全員セックスに対していいイメージを持っているとは限りません。
たとえば、両親から否定的な考えを植え付けられていたり、過去にトラウマを抱えていたり…

そういう人の場合、セックスの最中にも過去のことを思い出し、感じにくく、濡れにくくなってしまうものなんです。

この場合、簡単に気持ちの整理ができる可能性は低いので、時間をかけて解決していくのが大事!
パートナーにしっかりと気持ちを話して、解決していきましょう!

5.そもそもそこまで好きじゃない

今の相手のことを本当に心の底から好きですか…?

女性って、周囲に取り残されている感覚に陥ったとき、無理やり彼氏を作ってしまうなんてことありますよね。
彼氏ができたばかりのときは、浮かれて相手のことがよく見えないもの。

そのため、いざ関係を持つとなったときに相手への気持ちに向き合い、
「そこまで好きじゃなかったかも」
と気づく可能性もあるんです。

▼関連記事
彼のこと、本当に好きなのかな…?自分の気持ちに気付く魔法の心理テスト

いかがでしたか?
感じない・濡れない理由は様々あれど、その原因のほとんどは残念ながら自分にある場合が多いんです。

すごく残念だけど、その代わり改善も十分に可能ってこと!

心の問題は簡単に改善できなくても、カラダの問題は慣れや経験で改善できる場合がほとんど。
本当に好きな相手だったら、これ以上ないほどに快感を得たくないですか?

もし、今セックスに不満を感じているのであれば、好きな相手とのセックスを気持ちいと感じるためにも、少しだけ意識をしてみましょう!

♥こちらの記事もおすすめ♥

秋山 春菜ライター名: 秋山 春菜 他の記事を読む (30件)

真面目に楽しむ事がモットー。興味がある事には貪欲に突き進む。 ヤリたい時にヤリたい人とやればいい。飾らない自分でいたい人に向けて。







シェアする

▼あなたにオススメの記事
▼あなたにオススメの記事▼