もうクサイなんて言わせない!今さら聞けないアソコの洗い方

From:平井ちひろ

彼といい雰囲気になって、そろそろエッチ?なんてときに気になっても遅いのがデリケートゾーンのニオイ。

エッチ直前になって初めて「どうしよう、彼にクサイと思われるかも…」と思ってももう遅いのです。

なんと、80%もの男性が、「彼女のデリケートゾーンのニオイが気になった」というアンケート結果まであるんだとか。

ほとんどの男性がニオイを気にしているということ!

あなたも、もしかしたら彼にそう思われてしまったことがあるかも…。

そのときになって慌てないためにも、日頃からデリケートゾーンのケアは怠らないようにしましょう!

自分のアソコのニオイ、
自覚してますか?

デリケートゾーンのニオイが気にならなかった人って、ほとんどいないんじゃないかと思います。

女性なら誰しも、生理中のニオイや生理前後のおりもののニオイが気になることってありますよね。

デリケートゾーンのニオイだけでなく、自分のニオイはあまり他人と比べることができないもの。
自分のニオイが普通なのか異常なのか、判断に困ります。

そして、分からないままニオイばかりが気になって悩み続けてしまう…。

そんなことにならないよう、原因が何なのかを知ることはとても大切なことです。

原因その1:老廃物・雑菌

デリケートゾーンのニオイの原因は、雑菌が出す老廃物です。

ショーツに付着してしまった、たんぱく質の豊富なおりものや尿、生理中の経血など、女性のデリケートゾーンは雑菌のえさになり得るものが多々あります。

またデリケートゾーンには、アポクリン腺というアンモニア臭の汗を出す汗腺が密集しており、ニオイがするだけでなく、雑菌のえさにもなってしまいます。

さらに、ショーツに覆われたデリケートゾーンは高温多湿になりやすく、この状況がさらに雑菌の繁殖を助けてしまいます。

いかにデリケートゾーンをムレにくく清潔に保つかが、ニオイを無くすポイントになります。

ムレには下着を綿の通気性の良いものに変えることが一番。

しかし、綿の下着ではかわいいデザインがない…。

かわいいデザインはナイロンのものに多いし、ナイロンのツルツルした肌触りが好き。という方は、おりものシートを。

おりものシートをショーツに付け、小まめに取り替えることも有効です。

ただ、仕事が忙しくて長時間取り替えられなかった…なんてことがあれば、デリケートゾーンが高温多湿になり、ムレてしまって逆効果です。

さらに、ムレてしまったことで皮膚の弱いデリケートゾーンが被れ、そこに雑菌が入り込みトラブルが起きる可能性も。

おりものシートを使用する場合は、小まめに取り替えることを心掛けてください。
長時間つけっぱなしはNGですよ!

原因その2:洗いすぎ

また、洗いすぎてしまっても、逆にニオイがキツくなることをご存知でしたか?

デリケートゾーンには善玉菌と悪玉菌がいますが、石鹸などで洗いすぎると、その善玉菌まで殺してしまい、悪玉菌を抑制する力がなくなってしまいます。

善玉菌が減少したことによって自浄作用が低下し、結果として雑菌が繁殖してしまうのです。

まずは、外陰部についた尿や汗をお湯で優しく流しましょう。
その後、デリケートゾーン専用のソープを泡だて、泡で優しく洗うようにしてください。

このとき、間違ってもゴシゴシこすらないこと!
外陰部に傷がついてしまえば、雑菌の繁殖により、ますますニオイがキツくなってしまいます。

また、市販の石鹸やボディソープなどは刺激が強いため、避けた方が無難です。

膣内を洗浄したければ、膣内を洗浄するジェルがオススメ。
ジェルだと善玉菌まで殺菌してしまうことはなく、膣本来の自浄作用を助けます。

いかがでしたか?
彼とのエッチの前に、エチケットとしてまずはデリケートゾーンのニオイをケアしましょう。

エッチのときには何も気にすることなく楽しむことができたら、お互い気持ちいいエッチができますよ♡

♥こちらの記事もおすすめ♥

平井ちひろライター名: 平井ちひろ 他の記事を読む (8件)

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。







シェアする