絶対に失敗しないダイエットの2つのポイント

女性ならだれもが一度は、チャレンジするダイエット

しかし、食事制限を行ったり、運動をしてもなかなか思うように体重が減らなかったり、はたまたせっかく痩せてもリバウンドしたりしていませんか?

健康的に痩せて、なおかつリバウンドしないダイエットを成功させるためのポイントを理解して”いつまで経っても体重が減らない”という負のスパイラルから抜け出しましょう。

ダイエットを成功させるために絶対に知っておきたい2つのポイントとは…

1:自分の基礎代謝を知りましょう。

基礎代謝とは呼吸や体温調整など生命を維持するために消費されるエネルギーで、眠っている間でも消費されます。

一般的に、
成人男性で約1500kca、
成人女性で約1200kcal

ほどと言われます。

2:自分のBMI値、適正体重を把握しましょう。

BMIとは、身長からみた体重の割合を示す体格指数で、そこから自分が今どういう状態にあるのか把握をした上で、どの程度痩せる必要があるのかを知ることができます。

また、必要なカロリーを把握することで1日に必要な食事を摂ることを心がけることができます。
この2点を抑え、食事管理、運動を行っていくことが大事です。

●食事管理

運動をあまりしない人であれば、毎日の食事で摂取するカロリーを基礎代謝の±200kcal(約20%)の範囲内にすることが基本となります。

基礎代謝で消費されるカロリー以上カロリーを摂取した場合、運動をして消費をしなければ残念ながらその分はどんどん蓄積されていきます。
※成人女性の1200kcalを基準とした場合

そこで、摂取カロリーと吸収カロリーはイコールではないのがポイントです。
摂取したカロリーに対して、吸収されるカロリーは約80%と言われています。

これを踏まえて、体重を1㎏落すのに必要な消費カロリーが
約7000kcal
と言われています。

一見『7000』という数字は、とてつもなく無理なように感じます。
しかし、これを1ヶ月のうちで1日あたりに換算すると約200kcalになります。

つまり、運動も何もしなくても、基礎代謝内のカロリーを摂取しているだけで体重が1kg減ることになります。
※200kcalは、約おにぎり1個分です。

また、よく食べる食材別にカロリーを知っておくと効率よく必要カロリーの食事を摂取することができます。

●運動をする
痩せてなおかつリバウンドしにくいカラダをつくるためには、運動をして筋肉をつけ基礎代謝を上げる必要があります。

まず、ダイエットにおける運動は体脂肪を減らすことを目的としていますが、脂肪の燃焼は運動を始めてから15分経ってから始まります。
これらは有酸素運動と呼ばれるものです。
そのため、あるていど継続的に行う必要があるのがポイントです。

この有酸素運動をしつつ、同時にして欲しいのが筋肉トレーニング。
女性の場合、筋肉をつけるのはちょっと・・・と考える方もいるかもしれません。

筋肉トレーニングはほとんど減量と関係はありませんが、筋肉をつけることで基礎代謝が上がり、痩せやすいカラダになる効果があります。
せっかく痩せても代謝が悪いままでは、リバンウンドをしてしまう可能性が高いのです。

まとめますと、
脂肪だけを減量したい場合は、有酸素運動のみを行いましょう。
基礎代謝を上げたい場合は、筋トレのみを行います。

痩せてなおかつリバウンドしないためには、有酸素運動と筋肉トレーニングを複合的にやるようにしましょう。

ダイエットを成功させるためには、カラダにこれ以上余分な体脂肪をつけないことと余分についた体脂肪をいかに減らすかが大事です。

食事制限のみのダイエットを行う女性が多いですが、栄養が偏り体調を崩したり、ずっと我慢をする日々はストレスが溜まり美容にとってもよくありません。

ダイエットのメカニズムを理解して、健康的に痩せてなおかつリバウンドしにくいカラダつくりをしましょうね。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】膣圧を鍛えるならコレ♡

膣トレをすれば、ナカの感度もバツグンによくなるんだとか♡
彼を締め付けるモテ膣をゲットしましょ♡
本イキのあえぎ声に、彼もメロメロになっちゃうはず…♡

>>詳しくはこちらから

ABOUTこの記事をかいた人

佐倉 美夜

見た目のコンプレックスを自分なりに克服し、暗い女の子から一転。大人っぽさの中にも子供らしいあどけなさがある、そんな女性をイメージしながらマイペースに自分磨き。可愛くなって素敵な恋愛をしたい方へメッセージを送ります。