脱・美意識迷子!おしゃれのカギは○○選びにあり♡

From:今井有佐

おしゃれになりたい。
可愛くなりたい。

あなたがそんな風に思い始めたのはいつ頃でしたか?

今井がおしゃれやお化粧に興味を持ち始めたのは、確か中学くらいのときでした。
その頃はとにかく、服も化粧品もバリエーションが多いことが可愛い自分を演出するためのカギだと信じていました。

でも。
私を含め、大半の女性の美意識ってすごく気まぐれで曖昧な気がするんです。

そのときのカレや付き合ってる友人によっても好みは変わるし、流行も追いかけたい。

「洋服はワンシーズンで飽きちゃう」
「化粧品を使い切ったことがない」
「まだ一回も着てない服があるのにすぐ新しい服買っちゃう」

こんなふうなお悩みを抱えている女性は私だけじゃないはず!(笑)

女性は感性で生きているため、日によって物事の感じ方がめまぐるしく変化しています。
なので、その時その時の美意識を反映させたおしゃれやメイクをすべて網羅しようと思ったら…
出費がかさんで仕方ないんです。

しかも、なんとなく欲しくなって買ってみた服が元々持ってる服と全然合わなくて、また合わせるための服を買い足すはめに…なんてこともありませんか?
今井はそんな日々に振り回されて右往左往しているうちに、気付けば美意識迷子になってしまった時期がありました(笑)

中には、衣服の趣味やお化粧の系統がずーっと変わらないという、完全に自分を確立している人もいますが、大半の女性は、年齢や時代によって趣味が移り変わっていくものです。

でも。
実は、衣服に比べて趣味が変わりにくく流行によっても形が変わりにくいアイテムがあります。
このアイテムを基準にすることで、美意識迷子も脱出し余計な出費をも抑えられるようになっちゃうんです!

そのアイテムとはずばり…
『靴』
です!

靴は、衣服に比べると保有数の少ないアイテムであり、また、衣服ほど頻繁に変えることもありません。
服装に合わせて靴を選ぶ、という人は多いかと思いますが、靴を中心にコーディネートを考えるようにしてみてください。
すると、自然に服装に一貫性が生まれおしゃれレベルがグンとアップしますよ!

さらに、全身で一番顔から遠い足元は見られてないと油断しがちな部分ですが、実は人柄が一番現れる部分とも言われています。
たしかに、どんなに服装がオシャレでも靴の趣味が悪かったり、ぼろぼろの靴を履いている人ってなんだか詰めが甘いなあ…って印象を持ってしまいますよね。
足元は一番潜在的な美意識が反映される部分だったんですね。

今井は、この法則に気付いてから、「こう在りたい!」という女性像に近付けるように、靴をしっかり選ぶようになりました。
以前より靴に興味を持つようになったことで、少しお値段は高いけど長持ちするものをお手入れ・修理しながら長く履くようになりました。
自分の好みがきちんとわかるようになったことで、化粧品や衣服にかける余分な出費が本当に減りましたよ!

もし、
「好きな服の系統がよく分からなくなってきた」
「どんな化粧が自分に合うのか迷走中!」
と、最近、美意識迷子に陥っているあなたは試しに靴選びに時間をかけてみてくださいね♪

ABOUTこの記事をかいた人

今井 有佐

恋愛とセックスと化粧品をこよなく愛すサラリウーマン。通常乙女、時々ビッチの中間視点からセックスと愛を分析します。美意識とセックスと愛、理想とする自分 本能のままの自分、どちらの自分とも上手に付き合えるようになりたい女性たちへ