ダイエットで重要なのは、体重ではなく○○!

From:佐倉美夜

「来週のデートまでにあと5kg痩せないと…」

「せめて50kg台にはなりたいな。」

ダイエット…

これはほとんどの女性が一度は思ったことのある悩みですね。

今の体重に満足している人はごく少数、残りの多くは、、、

痩せて可愛くなってみたいと思っています。

体重を気にし、目標を立てることは何も間違いではありません。

ですが、

大切なのは体重の数字の増減ではなく、見た目の変化なのです。

 

こんな経験はありませんか?

「実は3kg痩せたんだー!」と言ったときの男性の反応が、「そうなんだー、なんか違うと思ったー!」

なんてこと。

…実はこれ、男性は痩せたことには気付いていません!

3kg痩せたことで自分が無意識にウキウキし、周りの方に明るく振舞っているから「なんか違う」と思ったのです。

つまり、数kg痩せた程度では多くの男性には伝わりません。

 

もう一つ、こんな例もあります。

「なんかちょっと痩せたんじゃない?」と男性に言われ、「えー、でも体重変わってないよ(汗)」と言ったときの反応が、「本当?!絶対痩せたと思ったー!」

 

…どうですか?

はっきり「痩せたと思った」と言われています!

言ってしまえば、男性には体重が何kg痩せたかは関係ありません。

いかにスタイル良く見せられるかを考えていきましょう。

普段と違った一面を見せれるか…

いつもとギャップを作ることで、印象を変えスタイルを良く見せることができます。

いくつかポイントを挙げると、

・ウエストのくびれを作る

・ヒールを履く

・手首を見せ、鎖骨を出す

これだけでもかなり変わります。

くびれが無くて困っているのに、と思う方もいると思います。

このウエストのくびれですが、服装によって作り出せます。

普通のワンピースでしたら、細いベルトをウエストにクルンと巻けば大丈夫です。

そうでなくシャツにスカートというオフィスカジュアルスタイルだとしても、例えば赤であったりホワイトだったり、色合いを普段と変えることでギャップ生まれ好印象を与えられます。

ヒールですが、高ければ良いということではなく、目安は5cm前後です。

これは、高くすぎると膝が曲がってスタイル悪くなってしまします。

若干足首が高くなり、つま先にかけて細く見えるようになります。

最後の手首や鎖骨を見せる、これは一番簡単でもっと印象を左右します。

第一ボタンまで閉めてしまうといかにも窮屈で、場合によっては首が太く見えてしまします。

鎖骨(デコルテ)を見せると、男性にはない女性らしさを印象付けさせることができます。

同じ理由で手首の細さは、女性らしいか弱さを適度に伝える事ができます。

体重を少なくすることで見た目も細くなりますが、これには時間がかかりすぎてしまいます。

ですが、ポイントを抑えれば簡単に細く、女性らしい魅力をアピールできます!

ココぞ!というときにギャップを見せて男性にアピールしてみてくださいね。

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

ABOUTこの記事をかいた人

佐倉 美夜

見た目のコンプレックスを自分なりに克服し、暗い女の子から一転。大人っぽさの中にも子供らしいあどけなさがある、そんな女性をイメージしながらマイペースに自分磨き。可愛くなって素敵な恋愛をしたい方へメッセージを送ります。