セックスにバリエーションを!手コキでも彼を気持ちよく♡


手コキができると、
セックスにバリエーションが出る!

From:平井ちひろ

みなさん、彼とセックスするときに手コキってしたことありますか?

「やってって言われたことはあるけど、セックスができないときに彼だけを気持ちよくさせるもの」「手より挿入の方が気持ちいいだろうから…」なんて思ってませんか?

これらの考えも間違ってはいません。

セックスできない日(女の子の日とか)に誘われて、私はできないけど、彼を気持ちよくしてあげたい!と思ったときはフェラか手コキをするしかないですもんね。

でもちょっと待ってください。
必ずしも手で気持ちよくする=彼をイカせる、ではありません。

彼がイクまでのセックスを盛り上げる段階で手コキを使うのもありですよ♡

セックスにバリエーションがほしい!というあなたに手コキはおすすめです!

彼の反応を確かめながら触る

いつもセックスでは彼に触ってもらうことが多いという人は、自分の方から攻めることでいつもと違う雰囲気を演出できます。

自分が触られているとき、彼に反応を確かめられながら触られる…そんなときの恥ずかしさと気持ち良さは、男の人だって同じです。

いつも受け身の女性が自分を気持ち良くさせようとしている!ということに、気分が盛り上がらないわけありません!

触りはじめは、まずは彼の反応を見ましょう。

彼が今はそんな気分じゃなかったりするときに無理に手でしてしまうと、「なんか違う…」と逆に気分が盛り下がってしまうかも。

気分を盛り上げるためにやるのに、それは避けたいところですね。

彼がいい反応を見せたら、本格的に手コキのスタートです!

▼関連記事
完全保存版!手コキのやり方を覚えて、簡単に彼をイカせよう♡

セックスを盛り上げる手コキの方法
ー準備編ー

まずは滑りをよくするためのものを用意しましょう。
ローションや自分のよだれなんかがいいですね。

よだれはすぐに乾きやすいところが難点ですが、ローションはヌルヌルになって乾きにくいかわりに、その後フェラに移行する場合躊躇してしまうことも。

最初はよだれでチャレンジし、乾いて彼が痛がったりする場合はローションに切り替えてみてはいかがでしょうか。

ローションで行う場合はそのままだと冷たすぎるので、まずは手のひらで温めてください。

手コキは膣の中に入っている感覚を疑似体験させることが快感へ繋がるので、温度や密着度は重要です!

温めたら、そのローションを竿から袋の部分にかけて伸ばします。
このとき、手のひらはペニスに密着させるようにしましょう。

自分の顔に美容液ローションをつけるときのように、優しくゆっくりと伸ばします。

また、同時に彼の反応を見ておくことも忘れないように!

人によって優しく手のひらをピタッとつけてしごかれることに快感を覚える人や、激しく上下に動かされることに快感を覚える人など様々です。

最初から激しくすると痛みを伴う場合が多いので、反応を見ながら徐々に速さを変えていきましょうね。

全体をローションやよだれでヌルヌルにしたら、準備完了です!

▼関連記事
フェラが苦手でも大丈夫!カレが喜ぶ5つの技

セックスを盛り上げる手コキの方法
ー実践編ー

準備ができたら後は彼を気持ちよくしていくだけ。
手は輪っかを作るように丸め、膣の中を疑似体験できるように、を心掛けてください。

まず触る部分は裏筋、亀頭、カリの部分。
男性は特にカリの引っ掛かりそうな部分を手のひらで包み込んで、こすれるように上下するのが気持ちいいようです。

亀頭の部分は輪っかをすぼめて、亀頭の先まですべて手で覆われるようにしてくださいね。

この流れを、握る強さ・上下にしごく速さを彼の反応を見ながら変えていきます。

しごきながら、同時に首すじや乳首を刺激したり、キスをしてみても盛り上がりますよ!

彼が感じてきたら、そのままフィニッシュまで手コキをしてもいいですし、ある程度の硬さや大きさになれば挿入に移行してもいいです。

そこはお互いの雰囲気をみて、臨機応変にしていきましょうね。

 

なにより大事なことは、テクニックより先に、「彼を気持ち良くしたい」「彼に気持ち良くなってもらいたい」という気持ちを持つことです。

彼が自分を感じさせようと頑張ってくれているのと同様に、自分も彼に気持ち良くなってもらいたいと思うこと。

その部分を忘れずに、彼とのセックスを楽しんでくださいね!

 

♥こちらの記事もおすすめ♥

【PR】セックスでもっと感じるカラダに♡
marin

Gスポットとクリを同時に刺激できる、見た目も可愛い女の子向けバイブ♡
ボルチオの刺激や中イキの練習にももってこいです!
刺激が強いのでご注意ください♡

>>バイブの詳しい説明はコチラ

ABOUTこの記事をかいた人

平井ちひろ

子どもが1人のワーキングマザー。 趣味はネイルと読書と映画。 子どもはもちろん大事。 でも、子どもがいたって女としての自分も捨てたくない! いつもキラキラしていたい! そんな女性を応援します。