結婚したい女子必見!彼にプロポーズを決意させる真の決め手とは

彼に結婚を決意させるには?

From:大塚りの

いきなり私事で恐縮ですが。
先日、ワタクシ大塚りの、結婚いたしました!

かねてよりお付き合いしていた彼とではありましたが、とはいえ、「彼女」と「妻」では大きな違いがあるものです。

これを読んでいるあなたも、「付き合うぶんにはいいけど、結婚するにはちょっとね……」と言われた経験は、ありませんか?

何を隠そう、私自身が、誰よりもそういう物件です(笑)。

料理や片付けなどの家事能力は一切なく(いばるな)、性格だって言いたいことはハッキリばっさり!と癒し系とはほど遠いもの。

では、そんな「明らかに結婚に向かないタイプ」の私が、なぜこうして結婚できたのか……?
今回は、私自身の経験に基づいた入手したてホヤホヤの知識を、皆様にお届けします!

1.ネガティブな気持ちも
素直に伝える

「え、ネガティブなことを言ったら彼の気分を悪くしちゃうから、言わない方がいいでしょ?」
……ところが、必ずしもそうではありません。

というか、そういった気遣いが、残念ながら逆効果になってしまうことも!

実は私は、彼にそのテの気遣いはあんまりせず、いつも「それ好きじゃない」「足痛い疲れた」「悲しい」などのネガティブな気持ちも何も考えずに出してしまうタチ。

なので、一緒にいると心休まらない感じかなと思っていたのですが、今回彼に聞いてみたら、実際は、全く逆でした。

彼からすると、「黙って不機嫌になられるよりわかりやすくて良かった」んだそうです。

「『今この子何考えてるんだろう』って探らなくていいぶん、不安を感じないで済んで、安心できた」のだとか。

だから、あなたがもしネガティブな気持ちを感じてしまったときに「彼のために」と自分の中に留めておいているなら。

それはとても健気な良い彼女のようではありますが、「何を考えているかわからない」と、彼を不安にさせてしまっているおそれがあります!

それに、「その人が何が嫌いか、どんなことが許せないか」ということを知ると、相手がどんな人なのかがよくわかります。

次のページへ▼▼

ABOUTこの記事をかいた人

大塚りの

一見真面目優等生OLだが、実は、後先考えずに飛び込んでしまう体当たり系女子。 いろんな失敗や痛い経験をこえて得た教訓は「人生に無駄なことは、何ひとつない」。 そんな経験+趣味の読書や映画鑑賞から、恋愛や人生に対し、豊富な視点を持っている。 今がツライと感じている人へ、元気になるヒントとエールを送りたい!!